00003.jpg 我らが旅路も、いずれ語られよう。