12≪ 2017/03 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-11-14 (Sat)
・当記事は11/6(金)にMMORPG「ドラゴンクエストⅩ」内で行われたクトゥルフRPGのセッションを
リプレイ化したものとなります。
リプレイ化に即してある程度のログ編集を行っており、プレイ当時そのままの会話収録ではない事を
ご了承下さい。
また、リプレイは全般的に当該シナリオのねたばれとなります。
これから「朝鳴き鳥に朝を告げよ」をプレイ予定、及びプレイ意志のある方の閲覧は、お勧めいたしません。
お読みになる場合は、その点留意の上でお願いいたします。





~ 謎の像 ~


──探偵業。字面は格好がつく。おまけにフィクションの中では多少の無法も許される。
なら実際にそうか、と言われると……まあそうじゃない。つーか、仕事のほとんどは地道に足で稼ぐってやつ。
だけど、俺が惹かれたのは、そんな大立ち回りを颯爽とやってのける人だった。まるで漫画の中から出てきたみたいな。
俺はそんなあの人姿に憧れ続けてる。そしてあの時の俺は、間違いなく「探偵」らしかった、と思うんだよな。


響 : 像に見覚えはありますか?

KP : 像に近付いてみるかね?

響 : そろっと近付く。次々退路が断たれるなら、部屋の物は調べないと……。

KP : 像は全部で5体あり、十字キーでいう上に亀。右に竜。下に鳥。左に虎。そして真ん中に龍。真ん中の龍は天に向かう感じで置かれている。これ以上の詳しい事が知りたければ、目星かオカルトどうぞ。

実 : オカルトで!(コロコロ、成功) 分かった! きっとふしぎ遊戯で読んだやつだ!

響 : 同じくオカルトで(コロコロ、余裕の成功)

KP : 新二君は目星でも振ってみる?

新二 : 目星25で(コロコロ、失敗)……わかんねぇや。でもわかんない事は探偵っぽくないから、2人には黙っておこう。


ちなみに目星25は初期値(技能にポイントを振っていない状態)。
男3人朝告げチーム、全員目星が初期値の様子……。
そしてオカルトの判定に成功した2人は、像から以下の情報を思い出しました。

亀…五行思想で水を象徴する玄武。色は黒。北をつかさどる。
鳥…五行思想で火を象徴する朱雀。色は赤。南をつかさどる。
竜…五行思想で木を象徴する青龍。色は青。東をつかさどる。
虎…五行思想で金を象徴する白虎。色は白。西をつかさどる。
龍…は五行思想で土を象徴する黄龍。色は黄色。中央を司る。

キトラ古墳の四神図を想像すると分かりやすいでしょうか。


新二 : 2人はこの像を見て、何か閃いた?

響 : あれだという事を工藤君に伝える。これで「鳥」というと、朝告げとはつながらないかもしれないけど、朱雀だね。

KP : 更に像の奥の方の壁には、木製のドアを発見するよ。

実 : 木製のドアはどこにあったんですか?

KP : 部屋の様子をもう一度言うと、左右に階段。中央に像。奥に扉(=扉は像の更に奥側)

実 : 了解。

響 : ちょっと思った事を言っていいかな。

新二 : なに?

響 : この像の朱雀が朝告げ鳥ならば、「朱雀がいるべき場所」に、鳥はいる……。

実 : 朱雀は南を司る、っすね。

響 : どうも建物内を探さなきゃいけないようだし、上下動もあるから何とも言えないけど、この像を中心として「南」にあたるところがどこか……。

実 : 南……ってどこだ?

響 : 北を上とすると、下、だね。鳥だと普通は上を探すけど、下から探さないか?

新二 : それに付随して、メモには「鳥がいなくなった」「餌を与えて欲しい」「残り1時間」とある。あまり時間がないんだから、鳥と餌を同時に探したいね。

響 : ……餌、か。 「餌を間違えた」ってあるよね。間違えた餌を与えると……食われる。朱雀であるなら、火食い鳥かな?

実 : ここには鳥の像がありますね。

新二 : 火が餌ってこと?

響 : かもしれないけどまあ、火らしいものはなさそうだけどね。

実 : (KPに)鳥の像があるのは下なんですよね?

KP : 十字キーでいう下。部屋で言うと、木製の扉がある方かな。

実 : 奥の方か……とりあえず、奥の扉に行ってみませんか。朱雀の位置にある扉です。調べてみましょう。

新二 : 待った。この部屋に戻れなくなったらどうする?

実 : ! 怖い!そうか、扉が消えるって事も……。

響 : (鳥の像が)扉側だというなら、完全に入らなくても、まずは扉の向こうを伺うだけでいいんじゃないか。頑張れすかちゃん(笑)

実 : オレの心、折れそう。

響 : 誰か聞き耳ある?

実 : ないです。

KP : 初期値わんちゃん……?

実 : オレが率先して扉に聞き耳を立てるとは思えない。先輩、工藤さん。ちょっと、あの扉(奥の扉を指す)聞き耳立ててみて下さいよ。鳥の声とか、しないかな?

響 : すかちゃん、先輩を顎で使うね(笑)

実 : だって先輩は英雄でしょおおおおおおお!


2人の過去に一体何があったのやら……。
扉への接近を嫌った実以外の2人が果敢に聞き耳に挑戦し、新二が辛くも成功。
扉の中からは、特に物音がしない事が分かります。

新二 : うーん、何も聞こえんかったよ。

響 : やっぱり空間を縦に見て下じゃない?

新二 : 下かー。

響 : あ、そうだ。像の朱雀をもう少しよく見てみます。

実 : そういえば、像自体は調べてなかった。

KP : 3人とも、目星もう一度どぞー。


目星初期値ーズ、今度は実だけが成功。


実 : 怖がりだから、良く見るんだろうな。

KP : では、像は固定されているのか全く動かない事が分かる。

実 : おお、この像、固定されてます。動かないぞ。

響 : 像自体に何もギミックはなしか……。

実 : ということは、この像の置いてある位置自体が間違いでした、とかはなさそうですね。

響 : さっき、部屋に入ってしまったら扉が消えたが、覗くだけなら消えない、とかはないかな。木の扉を開けて覗いて、調査の必要を感じなければ閉めてしまえばいいとか。

実 : 何にせよ扉を開けて、向こう側に入らずに、様子だけ伺いましょう。何も聞こえなかったのなら、いきなりなにかあるとは思いたくないですし。

響 : そうしよう。

響 : ……聞こえなかった工藤君、開けてみてもらっていいかな(笑)

新二 : ちょっとだけよー(迷いなく開ける)

KP : 扉は90度くらいしか開かない。左手の壁はよく見えないけど、部屋の真ん中に男性が1人うつ伏せで倒れている様子が見える。

新二 : バタンっ!(扉を閉めた)

実 : 工藤さん?

響 : ……何があった工藤君。

新二 : はぁはぁはぁ。……あのね。今ちらっと見たんだけど……。

響 : (遮って)ちょ、ぼくらのさんちがやばい発言は控えてくれるかな!(笑)どうかな? やばいものがあった? やばくないものがあった?

響 : 2人はね。この扉の先にはね。行かない方がいいかもしれない(ぜえはあ)

実 : (戦慄)

響 : ……あっ(察し)

実 : 工藤さんの言葉に従います……鳥っぽいのはいなかったんですね?

響 : 餌っぽいのはあった?

新二 : 鳥っぽいのも餌っぽいのもいなかったけど……。

実(のプレイヤー):倒れていた男性って、コロされた餌係とかかな……。


プレイヤー発言。キャラクターとしての実はまだ、扉の向こうを見ていません。
故に「実自身」がこの発言を行う事はできない訳ですな。


| その他突発 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。