04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-11-11 (Wed)
・当記事は11/4(水)にMMORPG「ドラゴンクエストⅩ」内で行われたクトゥルフTRPGのセッションを
リプレイ化したものとなります。
リプレイ化に即してある程度のログ編集を行っており、プレイ当時そのままの会話収録ではない事を
ご了承下さい。
尚、本シナリオは当卓KP作成のオリジナルとなっております。





~ 十字路の先へ~ 


実習や研修が終わって、初めて自分の制服に袖を通した日のこと。今でも時々、思い出す。
これからは人に頼られる人になるんだ、制服と一緒に警察官の誇りも着るんだ、って思ったのをね。
現場からは遠い管轄だけど……いや、だから、かな? あの日思ったことも、忘れないようにしてる。
あんな状況で冷静でいられたのも、きっと1人じゃなかったから。流石に、看守のあの悪趣味さには辟易したけどね……。


凛華 : じゃあここで見るのはこれくらいかなー。ハサミを持って部屋を出るよ。

美咲 : その前に、聞き耳して監視が来てないかを調べたい。

KP : どぞー。

美咲 : (コロコロ、成功)うし。

凛華 : ナイスー(ファンブルが怖いので待機)

KP : 特に何も聞こえないかな。

凛華 : うーん、とりあえず次の部屋行こうかー?

美咲 : だねー。

凛華 : 西の方へー。


西の部屋。
2人が最初に起きた部屋の向かい側、今いる部屋(北の部屋)の右手側になります。


KP : 西の方は鉄格子がなく、鉄の扉だけが閉じられている。

凛華 : 外から中の様子は見えないー?

KP : 扉の周りは普通に壁だね。

凛華 : 扉に聞き耳ー。

美咲 : 同じく。

凛華 : (コロコロ、成功)

美咲 : (コロコロ……ファンブル)うへ、ここでか……。


美咲のダイス目、爆発中。


KP : んー、ではまずは成功から。扉の向こうから「カチコチカチコチ」という音が聞こえるよ。

凛華 : 向こうからカチコチ……って音? 聞こえる……。

KP : ファンブルはなー、んー。……頭をぶつけてHP-1とかでいいかな……。

美咲 : 了解です(笑)ゴッ。

凛華 : 大丈夫!?

美咲 : いたた……大丈夫(笑)

凛華 : よかった……(絶対痛いだろうなぁ)うーん。時計? みたいにカチコチと音がなってるけど、入るしかないよねー……。

美咲 : 中に監視員の人とかいないかな……。

凛華 : 南で他に何かあるかもしれないし、先に南に行くー?

美咲 : そうだね。

凛華 : という訳で南へゴー。

KP : では南の扉の前。ここの扉は木でできている様子。扉の周りは壁だね。

美咲 : 聞き耳(コロコロ、成功)よし。

凛華 : うーん、こっちも周りは壁かー。同じく聞き耳ー(コロコロ……クリティカル)はっ。やったー!

KP : では、扉の向こうから微かに「ざぶんざぶん」という音が聞こえてくる。更にクリティカルの凛華さんは、その音が一定のリズムではなく、不定の間隔で鳴っている。そんな気がするよ。

凛華 : ざぶんざぶん……?

美咲 : 波?

凛華 : けど、音の間隔がばらばら……? 機械で鳴ってるとかじゃなさそうかなー……。

美咲 : 行ってみる?

凛華:……こっちはこっちでかなり怪しいんだけど、行ってみる……しかないよね……。

KP : 入るかい?

凛華 : ハサミ構えながら入るー。

美咲 : ……入る。

KP : では扉を開けると、そこは広いお風呂場となっていました。銭湯的なイメージだね。

美咲 : ……え?

凛華 : 銭湯!?

KP : 浴槽は蓋が閉まっており、あとはシャワーが何個か並んでいるかな。

凛華 : あぁ、だからざぶんざぶんってのは湯の音かぁ……って、何で波が立ってるんだろう……。とりあえず浴槽に近付くよー。

美咲 : 近付いてく。

KP : 近付いてもまあ蓋が閉まっているから、よく分からないなー。

凛華 : ……開けるよ。恐る恐る、蓋を開けるよ。

KP : 美咲さんは?

美咲 : 開けるの、見てようかな。

KP : ん。蓋を開けると、中には黒い液体が風もないのに波立って、ざぶんざぶんと音を立てている。

凛華 : うわ……。

KP : よく見ると、黒い液体の中にはところどころに目玉が浮いており、蓋を開けると同時に一斉に凛華さんの方を見るよ。

凛華 : ……ひっ(息を呑む)

KP : 角度的に美咲さんも見えるよね……?

美咲 : うん。

KP : SAN値チェックだなー。

凛華 : だよねー(コロコロ、失敗)

美咲 : (コロコロ、成功)よし。

KP : 成功で1、失敗で1d4の減少ね。

凛華 : どんどん減ってくんだけど……!(笑)

美咲 : しょうがない(笑)

KP : 浴槽の中の目玉は相変わらず、凛華さんと美咲さんを見つめているよ。

凛華 : み、見ないで……!(蓋をそっと閉じる)

KP : では心に残る映像と共に、お風呂の蓋をそっ閉じした。

美咲 : 看守の趣味悪すぎでしょ……。

凛華 : とりあえずコレは、忘れるとして……一応周りも見てから、最後の部屋いこっか。


凛華のSAN値減少は、どうにか2に留まりました。
一応浴室内の水回り(シャワー)も確認しましたが、特に異変はなし。
2人は後回しにしていた西の部屋へ向かいます。時計のような音の正体とは、一体……?

| その他突発 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。