03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-11-04 (Wed)
・当記事は11/2(月)にMMORPG「ドラゴンクエストⅩ」内で行われたクトゥルフRPGのセッションを
リプレイ化したものとなります。
リプレイ化に即してある程度のログ編集を行っており、プレイ当時そのままの会話収録ではない事を
ご了承下さい。
また、リプレイは全般的に当該シナリオのねたばれとなります。
これから「だるま駅」をプレイ予定、及びプレイ意志のある方の閲覧は、お勧めいたしません。
お読みになる場合は、その点留意の上でお願いいたします。





~ 帰還 ~


──闇に覆い尽くされた扉。普通なら、進みたい場所だとは思えませんよね。
だけど、ほんの短い時間の間に色々なことがありすぎて。私達は少し、疲れてもいたんだと思います。
扉の中で、前にいるはずの篠原さんの姿も、後ろにいるはずの七栁さんの気配も、いつの間にか薄れていました。
そして私も、いつの間にか、ゆっくりと眠ってしまったみたいで……。


KP : ふと気が付くと、探索者達は、各々荷物を受け取った瞬間に戻っているよ。

奏 : おおおおおお!

橙子 : 生きてた……。

KP : あの段ボールの中からは、どこか見覚えのあるだるまが、こちらを見つめているのでした。

奏 : それは、あの可愛いだるまさん?

悠 : 可愛いと感じるのかなあ。

KP : そうね、橙子さんだけははっきりと、あのだるまだって事が分かるんじゃないかな。

橙子 : これ……あの時の子かな。

悠 : 目は描かれてる?

KP : 両目が描かれているよ。記憶にあった届きものとは違って。

橙子 : せっかくだから、もっとかわいい顔にしてあげよう!

KP : では……おめでとう、シナリオクリアーです!

悠 : おおー!

奏 : わあああああ、全員生存!

橙子 : やったー……!

奏 : 嬉しいー(泣)

KP : いやー、無事生き残れてよかった!


ここでクリア報酬のやりとり。
無事生還のボーナスとして1d5、行動結果のボーナス(以降プレイする方の為に内緒)で1d3、SAN値が回復しました。
(ダイスの結果、全員仲良く4回復)
更にとある行動結果により、全員の幸運が+5されました。
……本当はもう1つクリアボーナスがあったんですが、そちらは取得失敗。
そして、恐怖の駅から逃れた3人は……。


~ 夢の後に ~


奏 : ここで縁が切れるのも嫌だから。2人とも有名だし、手紙を送ったことにします。

KP : うむ。縁ができていいんじゃないかな。

奏 : 自分から送らないと、一般ピーポーの私はどこにいるか分からない。

悠 : 手紙が来たら、その内パーティにおいでよ、とでも書いて親睦を深めておこう。

KP : よきかなよきかな。

橙子 : わたしは経験をもとに、ホラー要素のあるお話を書こう。スペシャルサンクスにでも名前を載せればいいかな?

悠 : セバ(略)、ほら、僕の名前だよ!

悠の執事 : おや、ぼっちゃまは橙子先生とお知り合いでしたか。

悠 : ああ……ちょっとね。位に留めて、飾ってあるだるまをちらっと。

執事 : (ははーん……)

橙子 : なんか変な勘違いが起こってそう!?

奏 : お2人、同い年ですしね。あ、私も篠原さんの新作買います!(笑)

悠 : そうだ。僕が駅の中で撮った写真はどうなったのかな?

KP : 写真を撮る前の時間に戻ってるので、全部なかった事に。

悠 : そうか……残念だな。

KP : お料理のRTも……。

橙子 : 料理まで!(笑)

悠 : 何だってー!……料理と聞いて納豆プリンを思い出しかけて、思い留まろう。

奏 : (笑)

悠 : もう一度美味しい料理を作って、満足しておくよ(笑)


人のなれの果てを乗せた血濡れの電車が、永遠に同じ場所を回り続ける「だるま駅」。
一体何者が、あるいはいかなる目的によって作られた空間だったのか? 神話の域の真相は、最早遠い夢の中。


KP : ちなみに、扉の向こうには……(プレイヤーに真相公開)

橙子 : かかってこーい!

KP : (ピー)とは戦ったらあかんぜよ……。

橙子 : 修行だー!

奏 : いや……戦わない方が(汗)

悠 : 僕が奇跡的に40回位攻撃回避できたら、どうにかなるかも知れないけども(笑)

KP : 呪文とか使ってくるからね……。

悠 : ぱんぴーは静かに日常生活に戻ろうじゃないか。


3人は、仮にも異世界を垣間見てしまった身。
そして何より3人がいるのは「クトゥルフTRPG」の世界の中。
果たしてこの先静かな日常生活が、つつがなく続くのかどうか?

ともあれ今は、生還者にひと時の休息を……。

(だるま駅リプレイ・終)


| その他突発 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。