05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-11-04 (Wed)
・当記事は11/2(月)にMMORPG「ドラゴンクエストⅩ」内で行われたクトゥルフRPGのセッションを
リプレイ化したものとなります。
リプレイ化に即してある程度のログ編集を行っており、プレイ当時そのままの会話収録ではない事を
ご了承下さい。
また、リプレイは全般的に当該シナリオのねたばれとなります。
これから「だるま駅」をプレイ予定、及びプレイ意志のある方の閲覧は、お勧めいたしません。
お読みになる場合は、その点留意の上でお願いいたします。




~ 斬首台へ ~


──ごしゅじんさま
おめめ
ありがと
ばいばい


橙子 : だるまさんにお願いしても良かったけど、それが一番安全だね。ではどうぞ?

奏 : ど、どうぞお先に……。

悠 : うん、じゃあガクガクしつつ……首置いたらいいのかな? それっぽくギロチンに横たわるよ。

橙子 : ちゃんとボタン押してあげるから、私に任せて! 心構えはいいかしら?

悠 : よくないよ!

橙子 : ええっ……。

奏 : 私たちもやりますから……!

悠 : よくはないけど……頼んだ……!

橙子 : 任せて! それじゃあいくよ?

悠 : 彼女を信じて目を閉じていよう。ガクガクしながら。

橙子 : ぽちっ、とボタンを押す。

KP : 橙子さんがボタンを押すと、一点の曇りもないギロチンの刃が悠さんの首を胴体から切り離す。

橙子 : さよなら悠さん……。

悠 : さよならなのかい!?

KP : 痛みはなく一瞬の出来事で、悠さんは意識を手放すでしょう。

悠 : うわっ、と思ったら飛んでる感じかあ。

橙子:空気の圧ぐらいは感じるかも……?

奏 : 錆落とし、優秀すぎます……。

KP : 周りから見ると、首が飛ぶって瞬間に、悠さんの体がすっと消えていくね。

橙子 : あ、首を観察する機会が……。

KP : そして、橙子さん。あなたは助ける為とはいえ、確実に自分の手で人を、それも共に生き残ろうと誓った仲間を、葬ってしまった。


振り返ってみるとこの3人、そんな誓い合いは一切なかったりします(笑)
実は「ここから一緒に脱出しよう」って台詞すら、誰からも明確には発されてないんですなー。
目的に向かって、何となくで行動を共にする。コミュニケーション力の高い3人……と、言えなくもないかもしれません。


KP : そんな事実から、SAN値チェックです。

橙子 : 一番SAN値残ってるわたしが最後で良かったのかも……。

悠 : 僕はご主人以外が残ると、スイッチを押せない危険性が怖かったんだけどね。

橙子 : ……嬉々としてボタン押したけどね!

KP : (笑)

橙子 : (コロコロ……)失敗!

KP : 1d4+1かな……発狂ワンチャン!

橙子 : (コロコロ…)4マイナスー。

悠 : それでもまだまだ豊富だな。僕の3倍ある。

奏 : えっと、だるまって1回しか願いを聞けないのでしょうか?

悠 : 少なくとも「五体満足で帰して」って願いが直接叶っていない以上、少なくともまだ1度は大丈夫なんだと見てるけど……。

KP : だるまにお願いしてみればいいんじゃないかな?

橙子 : だるまさんだるまさん、皆のお願い聞いてー。

子だるま :( きょとん)

橙子 : だるまめ!

奏 : えっと、では私が寝るので、篠原さんがだるまさんにお願いしてもらってもいいです……?

橙子 : 任せなさい!

奏 : ……これ、だるまさんにさせていいんでしょうか?

悠 : もしお願いが1度きり、だったら、それこそボタンに何か投げて作動とかにならないか……?

奏 : そうなんですよね……。橙子さん、SAN値大丈夫です? 大丈夫なら押してもらいますが……。

橙子 : 現在54……。

KP : そろそろ不定も……。

橙子 : とりあえず何か投げてボタンを押せるか試してみるわ。ダメならモップで目をつぶりながら……。

KP : んんんー。じゃあ何か探そうとしていると、だるまが俺にまかせろー的な感じで、ナイスポーズしてる。

悠 : (そっとナイスポーズ)

橙子 : (悠に)だるまさん?

悠 : 暇だったからね(笑)

奏 : じゃあ……だるまさんに押してもらってもいいですか?

橙子 : だるまさん、よろしくね……そこのボタン、押してくれる?

子だるま : (ぴょこぴょこスイッチのところへ行って、ぽちっ)

悠 : ああ、僕には見られない。

KP : ぽちっと、すぱーん、とすっと。奏さんも消えました。

奏 : ほっ……。

KP : だるまはぴょこぴょこと、橙子さんのもとへ戻って来るよ。

橙子 : 最後は私の番かな。ギロチン台に寝転んで、声をかけます。だるまさん、もう1回、ボタン押してちょうだい。そしてこっそり目を閉じる。

KP : 目を閉じるの?

橙子 : ……じゃあ見ておく!

子だるま : (小さくばいばいと手を振って、ぽちっ)

KP : すぱーん。しゅっ。

橙子 : だるまさん可愛い。……でも絶対顔いかつい……。


| その他突発 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。