07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-11-04 (Wed)
・当記事は11/2(月)にMMORPG「ドラゴンクエストⅩ」内で行われたクトゥルフRPGのセッションを
リプレイ化したものとなります。
リプレイ化に即してある程度のログ編集を行っており、プレイ当時そのままの会話収録ではない事を
ご了承下さい。
また、リプレイは全般的に当該シナリオのねたばれとなります。
これから「だるま駅」をプレイ予定、及びプレイ意志のある方の閲覧は、お勧めいたしません。
お読みになる場合は、その点留意の上でお願いいたします。



~ 近付くタイムリミット ~


──さっきまで乗っていた電車から、私達の手足を欲しがって、ぞろぞろ出てくるだるまさん。
最初にトイレで見た時は怖かったけど、この時にはとっくに、怖いなんて言っていられませんでした。
私達に残されたのは、もう右腕だけ。皆で必死に車椅子に乗りました。右腕だけだから、車輪を動かすのも一苦労でした。
それでも、急がないといけなかったんです。次のアナウンスが聞こえたら、私達は……。


橙子 : じゃあ、今度は私がにらめっこに挑戦するわ。誰か、この習字セットとだるま持ってて!

奏 : 分かりました!

橙子 : 習字セットはいつでも書けるようにしてあるから。とりあえず大だるまと向かい合います。

KP : では2番線ホーム。顔のない巨大だるまと向かい合いました。

橙子 : ……顔を塗りつぶしちゃうとかアウトよね? 声かけてみよう……ええっと。だるまさん、だるまさん、にらめっこしましょう、笑うと負けよ、あっぷっぷ!

KP : 特に、何も起きない。

橙子 : あれー?

悠 : 顔、描いてみようか。

橙子 : とっても悲しそうな顔にしてやる!

奏 : 待って! こっちが勝たないといけない? にらめっこだから……だるまさんを笑ってるようにしなきゃいけないんじゃないですか?

橙子 : (自前で笑って)こんな感じ? それともいっそ大爆笑してるような。

KP : ちなみに巨大だるまは人の二倍ほどの大きさ。どうやって描くん?

橙子 : 墨ぶつける(←投擲持ち)

悠 : ……モップで描くよ。僕、ずっと松葉杖の代わりにモップ持ってたから。

奏 : ぶふ(笑)そういえば松葉杖じゃなかった!

KP : 投げるならば投擲技能、モップならば技能はなしでー。


モップ1本では、さぞ動きにくかったでしょうに(笑)
ちなみにKPの友人氏がプレイした際、ここで投擲クリティカルを出したそうです。
墨を投げて顔を描く……何とも芸術的ではありますね。


悠 : なら僕が描こう。どんな顔にしようかな。

奏 : にらめっこですし、笑顔?

橙子 : 笑えて笑えてしかたないみたいなやつね。

奏 : こっちが勝たないとリスクが怖いです。

悠 : じゃあ、笑顔っぽくモップで筆入れを。

KP : いい笑顔の巨大ダルマが出来ました。

悠 : パシャー(写真撮影中)

橙子 : もう一度声かけてみようかな。だるまさん、だるまさん(以下略)

KP : では、橙子さんが声をかけると、巨大だるまがまっぷたつに割れ。

一同 : !

KP : 中からギロチン台が出てきました。

橙子 : え、えー……。

奏 : え、あの……これは……。

悠 : え……えええ。

奏 : えっと、よく見てみます……(目星コロコロ)成功!

KP : よく見るとギロチンの脇にはスイッチがあり、これを押すことで作動することが分かる。ギロチンの刃は錆びている事も見えるかな。

悠 : よし、錆を落とすんだ。

奏 : 錆落としスプレー!

KP : ここまできたら自動成功じゃー! 錆がきれいに取れました! ぴかぴか!

奏 : やったー! そういえば、引換券は使ったんですっけ?

橙子 : さっきの習字セットがそれね。一緒に貰っただるまはまだ、何も使ってないけど。

奏 : えっと、ギロチン。きれいにはできましたね……。

橙子 : どうしよう? だるまを切るの? わたしたちを切るの?

悠 : ……ここで一番最初に見た文字、だるまになれなくなったら終わり、だっけ。(奏に)電車の中のだるまは、頭、あったよね?

奏 : (KPに)ありました?

KP : 全員頭がついていたね。

悠 : つまり、そういう事じゃないかな。

橙子 : うーん……じゃ試しにわたし切られてみようかな?

悠 : 試しにでいいのかい!? ありがたくはあるけれど。

橙子 : 2人は電車の中で大変だったみたいだし、ここぐらいはね!

奏 : 私達、足と手どっちが残ってるんでした?

KP : 右手ですなー。

悠 : でないとモップが使えなかったよ。

奏 : あ、てへぺろ。

橙子 : でも最後に残っただるまが気になるなー。せっかくだから目を描いてからさよならしちゃおかな!

奏 : 描いてみるのもいいかも……でも、動いたら?

悠 : 願いを叶えてください、で目を描く訳じゃないんだよね。

KP : んー。全員アイデアで思い出せるかロール。

一同 : (コロコロ…橙子のみ成功)

KP : では橙子さんは何かを思い出すよ。

橙子 : あっ! 売店にあったポスター! えーと、確か……だるまは完成者に従順? 一家に一個どうぞとかなんとか書いてあったわ。

奏 : ポスターですね! 信じてみます?

橙子 : 完成させちゃおう。もうこれで最後のようだから。

悠 : 今のところ、ここで見た文字に嘘は1つもなかったしね。

橙子 : それでは私が代表して……まる、っと!

KP : 橙子さんがだるまに目を描きいれると、だるまからぴょこんと小さな手足が生え、くるっと回って、橙子さんををじっと見つめるよ。

橙子 : かわいい……!

奏:害はなさそう、ですね?

小だるま : じーっ。

橙子 : だるまさん。わたし達を五体満足な状態で、元の場所に戻してください!

小だるま : (困ったような顔を浮かべて、ギロチンと橙子達を交互に見る)

悠 : あれを使えって事かい?……って、僕の問いには反応してくれないかな?

KP : ちらっと見るだけかな。

悠 : じゃあ、橙子さんにそう聞いてみてもらおう。

橙子 : だるまに問いかける。ギロチンを使えば戻れるのかな?

小だるま : (うんうん)

橙子 : やっぱり使わなきゃいけないみたいね。

悠 : ……決まりかな。

橙子 : それでは一番のり! お先にチャレンジさせてもらいます!(何故かノリノリ)

KP : ちなみにギロチンのスイッチは、離れた所にあり、ギロチンされたい人自身では押せないよ。

橙子 : だるまに頼むしかないかな?

悠 : なら、君(橙子)が最後に残らないといけないね。

奏 : そうですね……すみません。

| その他突発 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。