04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-11-04 (Wed)
・当記事は11/2(月)にMMORPG「ドラゴンクエストⅩ」内で行われたクトゥルフRPGのセッションを
リプレイ化したものとなります。
リプレイ化に即してある程度のログ編集を行っており、プレイ当時そのままの会話収録ではない事を
ご了承下さい。
また、リプレイは全般的に当該シナリオのねたばれとなります。
これから「だるま駅」をプレイ予定、及びプレイ意志のある方の閲覧は、お勧めいたしません。
お読みになる場合は、その点留意の上でお願いいたします。





~ 血濡れの電車 ~


──いやはや。どうしてあんな事ができたんだろうね。
あの時の僕は正気だったと断言できる。それなのに、正気じゃできないような事をやってのけたって訳さ。
可愛い子の前では僕も男だった、って事かな。それとも、あの瞬間の僕は狂っていたんだろうか。
今同じ事をしろと言われたら、僕はこの場からすぐ逃げ出すよ。間違いなくね……。


奏 : 部屋の引換券を拾います。

橙子 : (悠に)カメラ、返しておくわ。

KP : そんなお話をしていると、突然「じりりりりり」と音が鳴り……。

悠 : カメラを受け取ろ……何だ!?

?? : 2番線ホームに停車中の電車は、車内点検が終了したため、まもなく発車いたします。お乗りの方はお急ぎください。

奏 : ……! 乗ります!? どうしよう……!

橙子 : どこへ行くのかも分からないのよ!?

悠 : 電車の中、ちゃんと確認してないからなあ。

奏 : でも、ここにいたら手足がどんどん……どうしよう……。

悠 : 推定30分後には、次のアナウンスだな。

橙子 : その頃なくなるのは手か足か……。

悠 : よし。僕はだるまと遊んでちょっと吹っ切れた。返してもらったカメラ持って電車に近付くよ。

KP : 走らないと間に合わないかなー。

橙子 : 私は、残るわ。引換券も気になるし。

奏 : ……メタ推理いいです? 勇気とひらめきが必要って! KPさんが!(笑)

橙子 : メタい!(笑)

奏 : だから私は賭けてみます! もう足か手、どちらか失ったら歩けそうにないから……私、乗ります!

橙子 : ……分かった。一緒に乗り込もう。引換券も気になるけど。

KP : ん”ん”ん”ん”ん”。

悠 : ……KPが物凄く鈍い音を発しているよ?

橙子 : こんな声出されたら乗り込み辛い(笑)

KP : メタ的な話、今の時点でロストする事はないから、お好きなように行動するとよいよ。

橙子 : うーん……じゃあ自分の行動を優先させてもらって、引換券交換してきます! 足がある内に!

悠 : 僕は最低1人ここに残る様に動こうと思っていたから、彼女が残るなら電車に乗ろう。できるだけ下向きで。

橙子 : 引換券は私が持ってるって事で。もし電車の中で何かあったら、助けに行けるようがんばるから。

KP : 橙子さんだけ残って、悠さんと奏さんは乗り込むと。

橙子 : しばらくホームで様子見て、戻ってこなかったら3時までに引換券を使うわ。

KP : では、電車内の2人に移ろう。橙子さんは行動したかったらフレチャでどうぞ。

橙子 : 了解です。


再びの別行動。
1人になった橙子は、電車のシーンの最中、KPと密かに探索を進めています。


KP : 2人が電車に駆け込むと、後ろでぶしゅーっと音を立てて扉が閉まります。

橙子 : あっ、扉が……。

KP : 悠さんは電車内見てないけど、臭いとか床の血の跡とかあるから、SAN値チェックかな。

悠 : 床は見えてしまうものなあ……(コロコロ、失敗)はっはっは。

KP : ではー……んー、見てないから1d3かな。

悠 : (コロコロ……出目1相当)

KP : では1減少で。

悠 : 23になった。

奏 : じゃあ……電車内で目星を。

KP : 相変わらず奏さんの目前には、イスの上にいる「だるま」達。電車の中は一般的な造りで、吊り革があって、荷物棚があって、後続車両がもう1つ続いている。これが見た感じ分かる事かな?

悠 : 俯いていると何も分からないな。

奏 : 荷物棚見ます……(目星コロコロ、成功)

KP : 荷物棚から、錆落としを発見したよ。

2人:さび……?

KP : 錆落としスプレー的な。

悠 : 彼女が何か探しているのは分かるだろうから、手探りで近付こう。

KP : 悠さんが奏さんのもとに向かおうとすると、向こう側からつかつかと足音が聞こえてくる。足音は悠さんの目の前で止まり…悠さんの目には靴だけが見えている状態。

悠 : うーん。彼女の靴かどうかなんて覚えてないだろうしな。足先から辿っていって、そろーっと見上げよう。

KP : あなたが見上げると、靴、ズボン、車掌服…。そして顔があるはずの場所には真っ暗な空間が広がり、そこに黄色い二つの光が浮かんでいる。

悠 : !

奏 : うわあ……。

KP : 2つの光はこちらをじっと見つめている、そんな気がするのです。

悠 : 目を逸らせない。

KP : さあ、SAN値チェックのお時間だよー。

悠 : (コロコロ、失敗)ああ、惜しさすらないや。

KP : んー……では1d3で。

悠 : (コロコロ…出目は1相当)……僕のメンタルは高野豆腐だったかな。

KP : では1減少。ちなみにイメージは999の車掌さんで。

悠 : イメージ図が可愛くなるな(笑)まだ僕の方を見てるの?

KP : 車掌さんは悠さんをじっと見ている。

悠 : ぎこちなく笑おうか。

KP : 車掌さんは通路のど真ん中で、じっと見ているよ。

悠 : ひい、何で僕なんだ! とりあえず奏さんを視界の端で探しつつ、車掌さんに声かけを……何か、ご用ですか?

KP : 車掌さんはちょっと困ってるかな?

奏 : うーんと。私も見るのが自然ですよね……悠さんの方を見ます。

KP : では、同じくSAN値チェックで。

奏 : (コロコロ)成功、良かった……。

悠 : 困ってる……うーん。見つめ合ったままちょっと通路を空けてみよう。端にじりじり移動。

KP : 車掌さんは悠さんが道を開けると、ちょっと会釈して通り過ぎるよ。

悠 : 行っちゃう? それはそれで困るな。

奏 : 車掌さんに目星いいですか?(コロコロ、失敗)こっわ、ふぁんぶるぎりぎり…!

KP : 車掌さんは、座席の上に転がっている「だるま」を点検したりしている様子。

悠 : もう一度声をかける。あの、この電車……どこ行きですか?

KP : 車掌さんはちらっと悠さんを見るけど、また点検作業に戻るかな。

悠 : この僕に喋ってくれないだと……。

奏 : えっと、じゃあ自分もだるまを見てみます。

KP : 奏さんは目星でー。

奏 : (コロコロ)成功!

KP : では「だるま」をよく見ると、それらは確かに手足を失っているが、わずかに呼吸をしていることから……。

悠 : うひい。

KP : 辛うじて生きている事が分かる。医学か生物学は?

奏 : きた!(コロコロ、成功)

KP : うふふふふ……。

奏 : ……(嫌な予感しかしない)

KP : では生物学に成功した奏さんは、傷の様子から、

それらは殺さないように、生かさないように、

絶妙な力加減でもって手足をもがれ、

死ぬ事もできずに、動く事もできずに、

ただひたすらに呼吸を繰り返している。そんな様子が見てとれるね。

奏 : なるほどー(不自然な笑顔の後、至極冷静に)ふむふむと思います。

KP : やったー! SAN値チェックだー!

奏 : やったー! だめだった!(笑)

KP : 失敗で発狂ワンチャン。1d4+1の減少だよ!

奏 : (コロコロ……出目は3相当)1足りた。

KP : 4の減少かな。今はSAN値いくつ?

奏 : 52、元々は60です。

KP : なら問題ないすなー。

ホームの橙子 : 2人とも大丈夫かなあ……。

KP : で、だるまさんから2枚のメモが見つかったよ。

奏 : め……メモがありましたよ?

悠 : う、うん、それは良かった。……大丈夫?

奏 : はあ……とりあえずは仕事したかな。


| その他突発 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。