04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-11-04 (Wed)
・当記事は11/2(月)にMMORPG「ドラゴンクエストⅩ」内で行われたクトゥルフRPGのセッションを
リプレイ化したものとなります。
リプレイ化に即してある程度のログ編集を行っており、プレイ当時そのままの会話収録ではない事を
ご了承下さい。
また、リプレイは全般的に当該シナリオのねたばれとなります。
これから「だるま駅」をプレイ予定、及びプレイ意志のある方の閲覧は、お勧めいたしません。
お読みになる場合は、その点留意の上でお願いいたします。




~ だるまさん、遊びましょ ~


──本は色々な事を教えてくれます。素敵な物語も、違う国の言葉も、生き物の可愛らしさや素晴らしさも。
本から教われる事は無限にあります。だけど、本に書かれていない事は、どうやって教わったらいいんでしょう?
例えば、突然腕や足が痛みもなく取られてしまう理由。例えば、動くはずのない物が動く理由。
私達は、誰も答えを教えてくれない状況の中にいました。……いいえ。答えなんて、知らずに済んでよかったのかもしれません。


奏 : 扉、開けますよ……?

橙子 : どうぞ。

悠 : 扉の横から見守ろう。

KP : 扉をがらっと開くと、10個の「両目を描かれただるま」がこちらを向いて置かれている。奥の壁には「遊びましょ」と書いてあるね。

奏 : え? これはどうします?

橙子 : こいつかー……遊びたくなーい! 大体、名前が分からないわ! 全員顔に名前でも書いてくれないと!

奏 : そもそも、だるまに名前とかあるんです?

KP : んんん……じゃあだるまさんの胸に名札がはってあるよ!

3人 : 名札あった!(笑)


だるまに名札。恐らく本来のシナリオには用意されていなかったものです。
頑なにとある箇所の探索を避け続けていたパーティへの、KPサービスでしょう(笑)


KP : 阿部さん、井上さん、鵜飼さん、遠藤さん、小倉さん、加藤さん、菊池さん、九流さん、毛上さん、小林さん。

奏 : 多いです(笑)

悠 : 遊べ、っていうからには、きっと遊んで欲しいんだろうけど……。

橙子 : このだるまが動くの?

悠 : うーん。鬼と認識されるのは1人だろうし……(悩んでいる)

奏 : ベンチのメモを信じたら、遊ぶべきです?

橙子 : 部屋を調べる事はできる?(目星コロコロ、成功)

KP : 部屋の隅っこの方に、引換券が落ちている。

橙子 : ゲット!

KP : 部屋には入れないよ。

悠 : だるまがいるからかな……。君、ちょっとカメラ持っててもらえる?

奏 : (同時に)はい。

橙子 : (同時に)受け取るわ。

奏 : あ(笑)

橙子 : 半分ずつね、バキッ。

悠 : ぼ、僕のカメラが!

奏 : 橙子さんに任せますよ(笑)

悠 : それはともかく(笑)何かあるといけないから、安全そうな場所にいてくれるかな……どこが安全かは分からないけど。

奏 : じゃあ……ちょっとだけ離れます。すぐに近付ける距離で。

橙子 : 巨大ダルマの後ろくらいまで下がる。

KP : おお。では巨大だるまの後ろに回った橙子さんは、だるまの後ろに「遊びましょ」と書かれている事に気付いた。

橙子 : えっ?

悠 : それも動くのかい?

奏 : どんだけ遊びたいねん!(素)

橙子 : 情報共有します。

奏 : もう……不思議な事一杯……。

悠 : 怖いーセバスチャーンしたいー……って言ってられないだろうからなあ。

橙子 : 遊びに参加しないアピールの為に、若干壁に寄ります。

奏 : 同じくそうします……(笑)

悠 : 2人が退避したのを見てから、遊びましょー、と小声で。

KP : では鬼の柱に悠さん1人いる感じかな。

悠 : そうなるね。

橙子 : 1人に任せて大丈夫かな……。

KP : んー。では部屋のだるま達10体がこちらを見ているよ。

悠 : 見たくない。

KP : 見つめているよ。

悠 : 見てない見てない気のせいだ……。

奏:んっと、実際にやってみないとダメなんでしょうか?

橙子 : カメラ握りしめる。

KP : じーっ……。

悠 : じゃあ早口めに「だるまさんが転んだ!」

KP : どこを向いて?

悠 : 両側のだるまのどちらも見ない方向を。あれ、どこ向いてもどれかは見える?


ここでそれぞれの位置関係の確認。
線路を背にして左手寄りに巨大だるま、右手側に扉と10体のだるま達。
鬼印の柱は2種類のだるまの間に位置し、鬼印のある面は柱の右側面です。


悠 : 親だるまには何か反応あった?

KP : ないですねー。

悠 : 反応あったら2人が先に気付くよな。ならこう(柱の右側面で)子だるまにだけ背を向けよう。

KP : おうけい。ではシークレットダイス。

悠 : 僕が振るのかな?

奏 : KPさんですね。

KP : (こっそりコロコロ)阿部さん、井上さん、鵜飼さんが動いた気がしました。

悠 : じゃあ振り向いて、阿部さんと井上さんと鵜飼さん、動いた!

KP : その3体が、しゅんと消えた。

悠 : しゅんと消えた、か。しゅんとした訳じゃないんだな。

KP : 去り際にしゅんとしてたかもしれない。

橙子 : かわいい。

悠 : カメラ持ってればよかったな。

奏 : 今は篠原さんが……(笑)

橙子 : わたしが使うと壊しそうで……(笑)

悠 : やめてくれ(笑)消える事は確認できたので、繰り返すよ。

KP : シークレット……(コロコロ)んんん。では残り全部動いた気がする。

悠 : 君たち弱いな!?

奏 : ええええ。

悠 : じゃあ、7人の名前をだーっと呼……(迷っている)……呼ぼう。

KP : 全員しょぼーんと消えた。その途端、扉の方からばりーん。と、何かが割れる音が聞こえたような……。

奏 : 何の音だったんでしょう?

悠 : 何か割れたー! だるまもいなくなったよー!

橙子 : 見に行こうか。さっき引換券も見つけたし……そういえば大きなだるまは?

KP : 大だるまは相変わらずですなー。では扉の前に集合。

悠 : (ふと)……あの大きなだるまの遊び、にらめっこだったりしないかな?

橙子 : 顔、なかったわね?

悠 : 描いたらできると思うんだ(真顔)

奏 : 大きいですよ?

悠 : 大きいよね……あれが転がってこなくてよかった。


この時の悠は冗談半分、思いつき半分で発言しています。


奏 : 扉の中には入れそうですか?

悠 : 分からない、割れた音を聞いただけだから……(入ってほしいなー、という顔)

KP : 扉と部屋に、見た感じ変化はない。

奏 : 試しに入ってみます。

KP : 入れたよ。

橙子 : 入れた……?

奏 : は、入れますよ!? 中はどうなってますか?

KP : 中はさっきまであっただるまが消え、壁にあった文字が「楽しかった!」と変化しているね。

橙子 : 楽しかったらしいわ。

KP : 引換券だけがぽつんと置かれている。

奏 : え……だるまはいいやつ説……?

KP : (ニヤニヤ)

悠 : 楽しかった……か、うん、なら良かった。瞬殺してしまったが。扉の外から楽しかったよと応答しておこう。



| 漫遊記について | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。