04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-11-04 (Wed)
・当記事は11/2(月)にMMORPG「ドラゴンクエストⅩ」内で行われたクトゥルフRPGのセッションを
リプレイ化したものとなります。
リプレイ化に即してある程度のログ編集を行っており、プレイ当時そのままの会話収録ではない事を
ご了承下さい。
また、リプレイは全般的に当該シナリオのねたばれとなります。
これから「だるま駅」をプレイ予定、及びプレイ意志のある方の閲覧は、お勧めいたしません。
お読みになる場合は、その点留意の上でお願いいたします。




~ だるま、まただるま ~


──突然超常的な事が起きて、不可解な事件に一般人が巻き込まれる。ホラーやサイコものによくあるプロットね。
1つだけ違う事があるとすれば、その事件を華麗に解決してくれる超人や変人は、あの場にいなかった、って事。
活字好きそうな小柄な女の子と、世間ずれしてなさそうな財閥のお坊ちゃん。そして、いち作家であるわたし。
カラス神父もサマセット刑事も、スターリング捜査官もいない。……絶望的よね? 物語の筋書きとしては。


悠 : 向こうに渡るには、一度線路に下りないといけない?

KP : いやー、橋的な? 電車の目の前は通らなくて済む感じで。すっと通れていいのよ。

悠 : じゃあすっと通ろう。ちょっと帰り道の心配をしていたんだ。


悠の懸念は、ホームから直に降りる形の場合、向こう岸で両足がなくなったら……というものでした。
実はこの駅到着直後、ちゃんと「踏切り橋がある」と説明されていたのですな。プレイヤーはこの描写を失念していた訳です。


KP : では橋の真ん中辺りでアナウンス。

?? :2番線に停車中の電車は当駅で車内点検の為、発車までもう暫くお待ちください。

悠 : 電車はしばらく動きそうにない、か。

橙子 : さっきのだるまは、あれに乗って来たのかしらね。

奏 : どうなんでしょう……。

悠 : (腕や足が)欲しいならこの駅で降りる、だからね。多分そうなんじゃないかな。まだあれの発生源がある方が怖くない……気はする。

KP : そんなこんなで2番線ホーム。あるのはベンチと大きな影と柱と扉かな。

橙子 : ホームに張り紙とかないかな……。

奏 : ベンチに目星いいですか?

KP : どんな感じで調べる?

奏 : くまなく。後ろ側とか下とか全部!

KP : では目星で。

奏 : (コロコロ……)成功。

KP : では、ベンチの下からメモが見つかった。

奏 : えっと、メモをベンチの下から見つけました……! 読みますね?

『だけどだるまの遊びは純粋。どこかのだるま達は遊び好き。だるまとだるま遊びしよ?』

悠 : だるま遊び?

橙子 : だるま遊びといえば……だるまさんが転んだ、とかかしら?

奏 : そうですね……あとは目を描いたり?

悠 : だるま落とし……かも知れないよ。

奏 : ああ…それもありましたね。

橙子 : とりあえず遊び好きなだるまを探さないと、何もできなさそうね。

悠 : だるま『達』だとすれば、今のところ、君(橙子)の見ただるまが該当するかな。

橙子 : 駅員室の? もうちょっと、2番ホームを探索してみましょう。何もなければ戻ればいいわ。

悠 : 駅員さんが遊び好きかどうかは分からないものね。電車のドアは開いているかな?

KP : 開いてるねー。中は薄暗い感じ。

悠 : 嫌だなー…。

KP : うふふ。

奏 : 見ないように、柱とか挟みますか?

橙子 : 壁を向いてカニ歩き……片足ないけど。

悠 : できるものならそうしたいよ(笑)


何せ悠の初期SAN値は25(現在は24)。そうでなくても、あまりに力押しな探索はできません。
3人は明らかに異常のある電車を避けて、ホームの調査を開始します。


橙子 : 先に柱を見に行こうかな。電車からは近い?

KP : そんなに近くはないかな。

奏 : 柱はどんな感じですか?

KP : (奏に)柱に近付く?

奏 : は……はい!

KP : 柱に近付くと、その手前の大きな影の正体が分かるよ。

奏 : うわ……。

橙子 : それがあった……。

KP : それは顔が書かれていない巨大なだるまでした。

悠 : まただるまか!

奏 : なん……だと……。

KP : 人の2倍くらいの大きさ。

橙子 : 今までの中でも一番の大きさ。これがあの方だったりして?

悠 : 該当しそうだよね。

KP : 目だけではなく『顔』が書かれていない。

奏 : だるまなのにですか? じゃあ……目星。

KP : 目星情報は特にないかなー。


ここで悠(のプレイヤー)の数分離脱で、ちょっと一息。KPが「進行度はまだ半分いってない位」とポロリ。
かなり慎重な探索を重ねるプレイヤー達。
順当にいけば猶予は既に半分以下である事にも(少なくともプレイヤーは)気付いています。
恐らく、それぞれに焦った事でしょう。


KP : では、だるまの向こうの柱。柱の扉に向いている面(1番ホーム側から見ると右側面)に『鬼』と書かれた紙が貼ってある。

橙子 : やっぱり……あれよね?

悠 : だるまさんが転びそうだな。家の廊下でやった事があったかなあ。

橙子 : 勝ち負けどうだったっけ?

悠 : 判定無しではルールを思い出せないかな? だるまさんが転んだ、の。

KP : ルールは……んー、探索してください、としか言えないかな……あるいは知識でもいいかな?

橙子 : 知識で思い出せるんだ!

KP : 何についての知識を振るか、明確に宣言してからどうぞ。

悠 : 彼女(奏)が何か思い出すのを一旦待ちます。

橙子 : 私も。

奏 : だるまさんが転んだの勝ち方を思い出します……(コロコロ、成功)

KP : 勝ち方。『だるまさんを全て捕まえれば勝ち』 以上。

奏 : おっほ……。

橙子 : うーん……だるまさんが転んだ、ルールで振ります(コロコロ、成功)

KP : んー……いっか。『鬼は目を柱に向け「だるまさんがころんだ」と唱えてから後ろを振り向く。その時に動いていた人がいたならば「○○さん捕まえた!」と宣言する』 以上。

橙子 : これって3人でするの?

奏 : どうなのでしょう……?

悠 : じゃあ、2人の話を聞いた上で「動いていた人が鬼のところまできてから、勝ち方に繋がるまで」の間を思い出そうとしよう(コロコロ、成功)

KP : 『動いている人が鬼にタッチしたら鬼は継続する』 以上。

橙子 : 勝てるのは鬼だけ?

悠 : 継続する……だとしたら、最終的に勝つ事ができるのは鬼だけになるな。

奏 : それじゃあ私達でやらない方がいいのではないですか?

橙子 : 先に扉の先を探索した方がいいかもね。

悠 : そうしようか。ひとまず全部調べてしまおう。

奏 : 気になりますもんね。

橙子 : もしかしたら、あの電車の中にいると思われるあれらも、仲間になっちゃうかもしれないしね。

悠 : 納豆プリンか……何となくそれの正体が分かってしまった気がするな。

橙子 : まだ納豆プリンだったのね……。

KP : 納豆にお砂糖美味しいんやよー!

3人 : !?


KPの主張。この後も何度か(リプレイではカットしましたが)納豆+お砂糖の美味しさを叫んでいました。
KP氏曰く、本当に美味しいらしいです。興味ある方はお試しを……。





| その他突発 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。