03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-11-04 (Wed)
・当記事は11/2(月)にMMORPG「ドラゴンクエストⅩ」内で行われたクトゥルフRPGのセッションを
リプレイ化したものとなります。
リプレイ化に即してある程度のログ編集を行っており、プレイ当時そのままの会話収録ではない事を
ご了承下さい。
また、リプレイは全般的に当該シナリオのねたばれとなります。
これから「だるま駅」をプレイ予定、及びプレイ意志のある方の閲覧は、お勧めいたしません。
お読みになる場合は、その点留意の上でお願いいたします。





~ 2度目のアナウンス ~


──この世には言霊、と呼ばれる力がある。口にした言葉が真実になるのは、言霊が力を持ったせいだ。
そんな与太話を信じる人もいるらしいね。僕には到底信じられないけれど。
どれだけ僕は幸せだと唱えても、それで不運が消え去る訳じゃない。なら、口にするだけ無駄じゃないか。
だけど、あの時は流石に、言霊とやらを信じたくなってしまったね……何せ、彼女は言葉のプロだから。


奏 : 電気も、水道もある……不思議ですね。

悠 : 水が出るなら、1週間は生き延びられるかな。

橙子 : その前に私たちの手足が残ってるかどうか、分かりませんよ?

KP : ではここいらで、突然皆さんの耳にアナウンスが飛び込んでくる。

橙子 : なんてタイミングでー!

?? : 奏さん、橙子さん、悠さんの右足をお求めの方は、当駅でお降りください。

橙子 : !

悠 : そんな物、求めないでくれるかな!

KP : ではどこからともなく、手足の生えただるまがトイレの入り口からたくさん入ってきた。

奏 : もうやだーーーー!

悠 : たくさん!?

橙子 : たくさん!

奏 : いやあああああ!

橙子 : 殴っていい!?

KP : と同時に、あなた達の右足がすっと浮いたかと思うと、だるまの上空を漂いながら、トイレの入り口の方へ飛んでいく。

橙子 : トイレの個室に逃げ込……む前に足が!

KP : だるまはその足につられてトイレから出て行くね。

橙子 : 誰かの足を掴む事はできる?

KP : できないかなー。俊敏な動きで飛んでいくよ。

悠 : 何なんだこれは。モップ握り締めて呆然としていよう。

KP : そんな光景を見てしまった皆さんは、SAN値チェックです。

一同 : (コロコロ…全員成功)

橙子 : いいね!

KP : 全員、成功で1減少です。

奏 : 手足の生えただるまって、両手両足がありましたか?

KP : 目星かな。

奏 : (コロコロ、成功)

KP : 入ってきただるま達は確かに手足が生えていたけれど、全員どこか一部が欠けていた事に気付くよ。

橙子 : 足の生えただるまにオカルト使えますか?(コロコロ、成功)

KP : だるまの大きさは、丁度人間の手足を切り落とした位だと分かった。

橙子 : その手足は別の人のが混じってたりとか、そこまで分かったりは、しない?

KP : そこまでは無理かなー。医学とかあれば別だけど。

橙子 : ないわね。

悠 : ひい、嫌だな……僕はとりあえずモップを支えにして外に出る。電車の様子は?

KP : 見た感じ、1番ホームの電車がいなくなって、2番ホームに電車が止まっているね。

橙子 : 仕方ないので、片足で跳びながら移動するわ。

奏 : 篠原さん、そこにある松葉杖使ってください!

橙子 : ありがとう! 奏さんは大丈夫?

奏 : 私はホームの方にある松葉杖、取りに行きますから。

悠 : 彼女(奏)がアナウンスを聞いた時から、今のアナウンスが流れるまで、どの位の猶予があったか。目星は付けられそうかな?

KP : まあ、シナリオに関わるので言っちゃうと、メタ時間で計算してるよ。

奏 : なぬ!

橙子 : メタい!

KP : これ以上はどこかを探せば何かあるかもなー、としか言えませんなー。

奏 : あの……早く何とかかした方がいいですね、これは……。

悠 : まったくだね……参ったな。

橙子 : 松葉杖をもう1つ探しに行く。それと、1番ホームにある扉を開けてみない?

奏 : はい……行きましょう。

橙子 : あ、忘れてた。その前に男子トイレ!

悠 : いや、下手に時間をかけない方が良いかもしれない。男子トイレは僕が探しておこう。何か見つかれば知らせるから。

橙子 : じゃあ、私は扉を見に行くわ。奏さんは2人が見える位置にいてもらった方がいいかな。

奏 : はい……。

橙子 : 何かあったら、よろしくね。扉前に移動します。

悠 : 本心は動きたくないんだけども。男子トイレの様子を探りに行くよ。

KP : 分断します? ではフレチャ(個別チャット)でー。


KPのさりげない警告もあり、3人は分かれての探索を始めました。
最年少の奏はホームに残って、2人の動向を見守りつつ、使えそうな松葉杖を発見。
橙子は扉(駅員室)の中を調べ、有力な手がかりを多数発見しました。
一方、男子トイレを探索中の悠は……。

悠 : このモップ、生きてるううう……!

用具入れのモップ入れを調べようとしてファンブル。モップを踏みつけて額を割ったりしていました。
トイレの方の収穫は、モップがある事以外これといってなし。
3人は再びホームに集合します。


悠 : 額を割って戻ってきたよ。

奏 : え……何があったんですか!?

橙子 : 大丈夫!? 応急処置します(コロコロ、成功)

KP : では、橙子さんはポケットに入っていた絆創膏を悠さんの額に貼った。

悠 : 手入れされながら話すよ……倒れて来たモップが起き上がったんだ!

橙子 : ……?

KP : (笑)

橙子 : ええっと、倒れて来たモップに当たったのではなく?

奏 : モップが勝手に動いたんですか? 最早何でもありですね……。

悠 : 床にあったモップが起き上がっ……あ、いや。もしかすると僕が踏んだからかな……。ともあれ、それ以外には特に何もなかったよ。女子トイレと変わるところもない。

橙子 : なるほど……わたしが探索した扉の先は、駅員室。色々あったわ。

奏 : あ、私は松葉杖を見つけただけです……1人では怖くて待つことしかできず……。

悠 : いや、それで2人とも移動できるじゃないか。

橙子 : 待っててくれたからこそ、安心して探索できたから。気にしないで。

奏 : ありがとうございます……。

悠 : さて、情報を交換したところで……。

橙子 : まだまだ、情報があるわよ。

悠 : おっと。

橙子 : 見つけたのは、時計と時刻表とメモ。時刻表によると、電車は2時間ごとに来るみたい。さっき時計を見た時は1時5分だったから…次は3時頃かしら?

KP : (橙子に)アイデアどうぞー。

橙子 : (コロコロ…)あっ、外した!

KP : おう。では特になんでもない。

奏 : それを聞いて、2人はアイデアできないです?

KP : んー…ならアイデアの半分で。


奏(40)悠(30)が挑戦しますが、どちらもあえなく失敗。


橙子 : じゃあ、続きね。壁の時計は持ち出せそうになかったなあ。

悠 : 持ち出せないのなら、仕方ないな。

橙子 : 最後にメモね。これは駅員の格好をして、5つ並んだダルマの下から見つけたの。内容は……見せた方が早そう。

奏・悠 : 見ます。

KP : では以下の内容。

『天国は地獄、地獄は天国、夢は現、現は夢 夢が現になるかは、あなた次第 現が夢になるかはあの方次第……』

奏 : なんかここに来てから、謎々みたいなものばかりですよね……。

橙子 : とても意味深。ちなみに文才で直訳できたりとか……できないかな?

KP : んー……とりあえず振ってみましょうか。

橙子 : とりあえず……(コロコロ)一応成功!


この処理にKPは若干悩んだ模様。
「今すぐには分からない(が、後々有利になるかも)」との判断が下されました。


橙子 : 引換券も探したけど、なかったわ。

奏 : そうでしたか。どににあるんでしょう?

悠 : こちら側にはもう他に、見ておくべき場所はないかな?

奏 : 1番線ホームは見て回りましたよね。

橙子 : 電車の止まっているあっち(2番線ホーム)側に行くしかないかな。

悠 : うん……向こうも調べるしかないか。


2度目のアナウンスで、左手と右足を失った状態の3人。
拙い松葉杖(悠はモップを杖替わりにしていますが)での移動で、2番ホームの探索に乗り出します。



| その他突発 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。