12≪ 2017/03 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-11-04 (Wed)
・当記事は11/2(月)にMMORPG「ドラゴンクエストⅩ」内で行われたクトゥルフRPGのセッションを
リプレイ化したものとなります。
リプレイ化に即してある程度のログ編集を行っており、プレイ当時そのままの会話収録ではない事を
ご了承下さい。
また、リプレイは全般的に当該シナリオのねたばれとなります。
これから「だるま駅」をプレイ予定、及びプレイ意志のある方の閲覧は、お勧めいたしません。
お読みになる場合は、その点留意の上でお願いいたします。





~ 探索は続く ~


──私、本当はすごく怖かったんです。左腕はなくなっちゃうし、知らない駅に閉じ込められるし、電車の中だって……あんな。
だけど、きっと今怖がってちゃダメだって。何かしなきゃダメなんだって、必死でした。
だってこういう場面で「閉じこもる」事を選択したホラー小説の登場人物は、大抵死んじゃうんです。
私はまだ、そんな事になりたくありません……。


悠 : あまり覗いて回りたくないけど、まずこちら側(のホーム)から確認したいな。トイレに……誰かついてこないかなー、という顔をしながら移動。

奏 : トイレを一応確認してみますか?

悠 : 見てみよう。……見たくないけど。

奏 : じゃあ離れないようにしましょう……!

悠 : とりあえず腕とかに掴まりたい気分だけど、まだ耐えとくよ。

KP : トイレに近づく感じかな?

悠 : 近付くよ。自然に彼女達から1歩半位遅れて。

KP : ではトイレにたどり着く前。何やら建物だと思っていたものが、キオスク的な売店であった事に気付く。

悠 : これは何なのかな?(世間知らず)

橙子 : ちょっとしたものを売っているお店、ね。食べ物とか、飲み物とか。

悠 : へえ、そうなんだ。ちょっと品揃えでもチェックしてみようか。

KP : 売店はー……レジがあるべきところに置物のだるまが置いてある。

悠 : 僕はレジのあるべき場所……ぐらいは流石に分かるよな、うん。

KP : だるまは口を開いており、口の中には『引換券を置いてください』と書かれている。また、売店の奥には何やらポスターがはってあるよ。

奏 : 私は予定どおりトイレに近付いて……は、入る前に、トイレに聞き耳してみます。

KP : どうぞ。

奏 : 初期値で(コロコロ)失敗です。

KP : 特に何も聞こえなかった。ちなみにトイレの入り口に扉はない。普通の駅にある男女分かれた入り口。

橙子 : わたしは、悠さんが売店に気を取られてるから、2人の間で待機中。

奏 : じゃあ(橙子に)私たちも売店調べてみましょうか?

橙子 : そうね。売店に近付く。

悠 : 2人が来るなら、見た事は随時説明するよ。手が届く所に品物はある?

KP : 手の届く所には何もなく、店の奥の棚に左目が書かれていないだるまと、お習字セットの抱き合わせ商品だけが置いてある。

悠 : お習字セット……何だろうね。

橙子 : だるまって、願いが叶えば目を書き込むのよね。

奏 : そうでしたっけ?

悠 : ああ、例えば選挙に当選したら、両目を入れるんだよね。

奏 : ポスターに目星良いですか?(コロコロ、成功)

KP : では、ポスターには『だるまは完成者に従順! 是非一家に一体だるまをどうぞ!』と書かれている事が分かるよ。

橙子 : 目が書き込んであるだるまに目星は使えますか?

KP : だるまには目星ではなく、オカルトか歴史でどうぞ。ちなみに得られる情報はそれぞれ違うよ。

橙子 : どっちがいいんだろう……! 両方する事はできる?

KP : できるよ、どうぞ。

悠 : 僕はその横で、だるまの開いた口をつんつんつつく。

KP : 特にだるまは動かないね。

悠 : ぬめっとしていたりもしない?

KP : 乾燥してる。

悠 : うん、触った感じ普通のだるまだな。

橙子 : じゃあ、まずは歴史から(コロコロ…ファンブル)あっ(汗)

奏 : あ。

橙子 : オカルトは……成功。クリティカル来なかった!

KP : ではまずオカルト情報から。だるまを見た橙子さんは、昔小説の資料か何かで「だるま女の伝承」と呼ばれる本を読んだ事を思い出す。

悠 : だるま女って。君、普段どんな小説を書いてるんだい?

橙子 : 書いてる小説はファンタジーなイメージのだけど。資料は何でも読むの!

KP : 戦前の見世物小屋では、誘拐・拉致された女性が両手両足を切断され、だるま女として展示されていた事、実体は明らかでない都市伝説レベルであると書かれていた事を思い出す。ファンブルは……うーん。

橙子 : ……ドキドキ。

KP : 売店に気を取られていた橙子さんは、足元にあった松葉杖に気付かず、踏みつけてよろめいてだるまさんとごっつんこ。体力-1しといてね。

橙子 : 松葉杖落ちすぎ! 掃除したい!!

悠 : ……待った。橙子さんとだるまとの間に、僕の指が。

KP : あっ……ごっつんこしただるまは衝撃で口が一瞬閉じられる。

悠 : 閉じるのか!?

奏 : 自分から……修羅の道に進んでいく御曹司。

KP : 間に指を置いていた悠さんは指を一瞬噛まれた。

橙子 : 被害が拡大してる!

悠 : 回避できないかな!(回避コロコロ、成功)

KP : では、挟まれそうになりながらも、何とか手を引き抜く事ができた。

悠 : うわあ、びっくりした……!

KP : 今だるまは再び口を開いているよ。

奏 : だるまに歴史で振ってもいいですか?

KP : (奏に)どうぞ。

奏 : (コロコロ……失敗)

KP : だるまだなー、としか分からなかった。

奏 : だるまですねー。でも、だるまに口なんてありましたっけ……。

橙子 : 私の知ってるだるまと違う。こんなダルマ初めて見た。

悠 : うーん。駄目元で更に歴史いいかな?

KP : はいさい。

悠 : (コロコロ)

KP : だるまだなー。

悠 : だるまだなー。

奏 : 他にはどこか見られそうな所、ありますか?

KP : 売店は以上ですなー。

悠 ; この他はなしか。

橙子 : 引換券、を探すべきのかなあ。とりあえず目的のトイレに戻る?

悠 : あ、そうだ。トイレトイレ……トイレ行きたい人みたくなってしまったな。行こうか。

奏 : そうですね……。あの、もう男性、女性とか気にしてる場合ではないですよね?

橙子 : 3人でどちらも見に行きましょう。何かあったら……怖いですし。

奏 : そ、そうですよね!

悠 : 大丈夫大丈夫、一緒に行こう。何かあったら僕が(いるだけ)いるし。

橙子 : (悠に)頼りにしてますね。

奏 : 七栁さん1人は怖いですもんね……。

悠 : そうとも(断言)


頼りにしていると言われた直後にこれである。白一点の御曹司よ。いいのかそれで。
ともあれ、3人はまとまって女子トイレの探索を始めます。


KP : 中は至って普通のトイレ。個室の扉は全て開いており、奥に用具箱が見える。電機は普通についてるかな。

悠 : おお、良かった。

橙子 : 特に不審な点はなさそう。

奏 : 一応確認した方がいいですよね?

悠 : 用具箱も全開なのかな?

KP : しまってますな。普通に開きそうな感じ。

橙子 : 開けましょう……開けるわよ?

悠 : (奏に)何か聞こえたりはしない、よね?

奏 : 初期値だけど、やってみますか(笑)

悠 : 成功のイメージが強かったが、そういえば初期値だったな(笑)

奏 : (コロコロ、失敗)

KP : 何も聞こえない!

奏 : うーん……よく分かんなかった!

橙子 : では……開けます!

悠 : 一歩下がって見ているよ。

KP : 中からは……。

奏 : 間が怖い(笑)

KP : きれいなモップが出てきた。1本。

悠 : モップだね。

橙子 : モップね。

奏 : 武器にはなりますかね? でも使い慣れないし、片手がふさがるから、やめた方がいいでしょうか。

橙子 : これで殴る位ならできるかなあ。調べるのは目星でいいのかな?(コロコロ……失敗)残念。

KP : きれいな毛先だなー。

悠 : これでホームを掃除したら返してくれないかな、腕。

奏 : じゃあ、モップに目星します(コロコロ)……しっぱい。

KP : 毛先がそろってるなー。

悠 : なら僕が目星第三段(コロコロ……失敗)

KP : 白い犬みたいだなー。

悠 : わあ、もふもふだー(笑)仕方ない。一番背丈はあるから、用途があるまでは預かっておこうか。

橙子 : そうね、お願いします。

悠 : そうそう、写真撮る時は股に挟むからね。

KP : ……。

橙子 : 聞かなかったことにするわ。


この後、3人は女子トイレの他の場所を調べて回りました。
全室和式型の個室は見慣れた造りで、特に異変はありません。引換券もなし。
ただ、水道からきれいな水が出る事は判明しました。


| その他突発 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。