09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-09-25 (Tue)
どうも。1日にみたび登場、非オネエです。
仕事→帰ってくる→食べて寝る→ドラクエⅩ、が近頃のサイクルになっているお陰で、
ブログを更新するのがどうしても休日のこの時間帯に偏ってしまいますねえ。
…カテゴリの偏りっぷりもどうにかしなさいよ、という感じではありますがorz

もうちょっと涼しくなったら、また梅田になめこ狩りに行こうかと思ってますよb
ってどちらにしろ我がブログの検索二強(今はなめことドラクエ)記事が増える事になるのか。
ううむ……ま、いっか!

…相変わらずすげぇ気まぐれなブログですが、今後もご贔屓願えれば幸いです(礼)


さて、ドラクエⅩ公式兼プレイヤーサイト「冒険者の広場」にて、先日
『ドラゴンクエストⅩ 国勢調査』が公表されましたね。
9月18日時点での、ドラゴンクエストに纏わる色々な数値を調査・公開して下さっている
この企画なのですが……これ、読んでみるとすごい面白かったです。
面白かったので、やたら長文で取り上げてみました(笑)

…書いている内に本気で長文になってしまったので、興味のある方は追記へどうぞ~。
本当、色々と面白い結果が出てますよん。

ドラクエⅩ国勢調査、最初の項目は「モンスター討伐数」と「討伐数ランキング」。
オンライン稼動1ヵ月半、アストルティア全体でおよそ31億匹の魔物が狩られ、その中でも
一番人気のピンクモーモンはおよそ4億匹も討伐されたのだとか。

…生態系破壊ってもんじゃないぞ、この数字!(笑)
リアルなら一気にレッドリスト突入ですね、ピンクモーモン…。
次点のトンブレロもおよそ3億1千万狩られているとの事で、人気狩場の偏りを感じますね。
実際戦いやすくて、経験地美味しくて、生息地も町から近いからなあ、この2種……。

この2種に限らなくても、上位に入っているモンスターは大体
・狩場が便利な場所 ・経験値かゴールドかドロップ美味しい ・狩りに危険がない
の全てか、どれかを満たしている感じでした…こりゃ、狩場も被りますわな。

深夜プレイヤーな私はあまり狩場の混み合いを経験した事がないんですが、
キッズタイム~夜間にかけて遊んでいる方は、きっと壮絶な混み方なんじゃなかろうかと。
この辺、上手い事テコ入れされると良いですね。不遇モンスターにも光を!
…いや、光を当てられたら狩られまくる訳だから、モンスター的には微妙か?;


次の項目は「平均所持金額」と「所持金額分布」。
全員の平均額は29,781G、最も多いのが1万G以下で50%、との事でした。
んー、こりゃ所持金差が相当激しい事になっていそう。
分布的に10万G以上持っている6%が、相当な額を稼いでいると見ます。
この辺に関しては、先行スタートダッシュ&徹底して金策を取ってきたプレイヤーさんが
割と優位に立っているかな、という感じで納得。…ただし業者とその利用客、てめーらは駄目だ。
もう少しでハウジングも実装されるようですし、この差もちょっと埋まるかも知れませんね。

ちなみに私は、1万G以上5万G未満、の一番半端な所にいます(笑)


次の項目は「種族分布」と「男女比」。
男性キャラの方が多く、種族ではオーガ・ウェディがツートップの様子。
ううむ、男性ウェディってかなり人気なんですね。
私も公式イラストに一目惚れしたクチなんで、その辺は良く分かります(笑)

ちょっと意外だったのが、女性オーガの少なさ。
あのナイスバディは絶対に根強い人気が出る! 特に紳士な方々から!
と思っていたんですが、エルフ・ウェディの女性に後れを取っているみたいですね。
個人的には小さい学生さん達はオーガかプクリポ、それ以降の方々はウェディかエルフ、が
多い印象があります。ドワーフ、は……多分、通好みなんじゃないかな。うん。

ちなみに男女の比率が一番バランス良いのがエルフで、一番悪いのがオーガと人間。
種族全体の数が一番多いのは人間とオーガで、一番少ないのがドワーフでした。

……ドワーフ頑張れ。マジ頑張れ。特に女の子ドワーフ超頑張れ。
ガタラの過疎化が心配なんですが、本当大丈夫なんでしょうか…。
(※女の子ドワーフ=全体の2%。100人中2人しかいない現状レアキャラ……orz)


で、お次。「職業分布」と「職人分布」。
職業の方は、戦士と僧侶が二強で戦士が頭一つ抜けている感じ。
武闘家・魔法使い・盗賊がほぼ横並び、残る旅芸人が断トツで数少ない感じに。
やはり1人でも戦える職と、サポート特化職に人気が集った感じですね。
旅芸人、不人気なんかー…何となくそんな気はしたけど、ちょっと切ない(笑)

そして職人分布。こちらは武器鍛冶が圧倒的に人気で、裁縫とランプ錬金が次点。
ツボ錬金がその後を追って、木工・武具鍛冶・道具鍛冶が1桁仲間になっていました。

これはねえ…やっぱり需要と、何よりギルドの位置が問題でしょう。
木工職人になるべくカミハルムイまで行くの、かなり大変でしたもん。
エルフ出身ならまだしも、他大陸からカミハルムイまで行くとなると、ギルドに入った後の
利便性も含めてかなり不利。

道具職人ともなると、職人目線で見るとすごく重要なんだけど、縁の下の力持ちに過ぎて
活躍している! って実感が少ないのが大きいかも知れないですね。
でも職人にとっては本当にありがたい存在なので、これからセカンド・サードキャラで
増えてくるかも、と思ってみる。


最後が「サポート仲間の雇われ状況」。
やはりと言うか何と言うか、ほとんど職業分布と変わりが無いですね。
僧侶と戦士がツートップ、魔法使い・武闘家・盗賊が仲良く並んで、旅芸人がワースト。
ボス戦に挑む時とか、ちょっと各上の狩場へ行く時とか、上の2職は本当に心強いです
もんね。サポート仲間として雇われる率が高いのも良く分かります。
頑張れ…頑張れ、旅芸人!


この国勢調査的に一番王道なところをいくと
「オーガ男性の戦士で、武器職人」
逆にニッチを極めると
「ドワーフ女性の旅芸人で、道具職人」
みたいな感じになりそうですね。

……個人的には下の方を応援したいですね、やっぱり。
| 書き手の呟き | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。