06≪ 2014/07 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-07-07 (Mon)
『ドルワーム王国が抱く動力の源・太陽の石。その力が再び弱まり始めた!
 どうやら水晶宮の中に仕掛けられた魔瘴石の力が、太陽の石を弱めているらしい。
 太陽の石を復活させるべく活動を始めたドルワーム警備隊だったが、その中になんと
 クァバルナの配下も紛れ込んできてしまった様だ。
 隠された魔瘴石を、いち早く砕く事は出来るだろうか……?』

ゲーム種別:心理戦ボードゲーム
開催日時:7月8日(火)22:30~
開催場所:ガタラ住宅村古代都市地区 4009-2 2F
必要人数:4名以上

※鞄の空き、指定の服装、今回は一切ありません。

○ ルール ○

1.「ドルワーム警備隊」と「クァバルナの配下」に分かれ、勝利を目指すチーム心理戦です。
  ドルワーム警備隊はゲーム中に4つ隠されている全ての「魔瘴石」を砕く事、
  クァバルナの配下は1つだけの「太陽の石」を砕く事が目標になります。

2.プレイヤーは会場に用意された好きな席に着席して下さい。
  席の前には「中に何かが入っているかも知れない一段ボックス」が並んでいます。
  ボックスは「魔瘴石(紫色のライト)」「太陽の石(橙色のライト)」「何も入っていない」
  の三種類に分かれます。
  自分の席の前にあるボックスの内容は通知されますが、他のプレイヤーの
  ボックスの中身は謎のままです。
  また複数あるボックスの「どれに何が入っているか」は明かされません。
  この時、太陽の石の存在する席を選んだプレイヤーが、クァバルナの配下となります。
  クァバルナの配下は必ず2名存在します。

3.ゲーム開始後は、全員で「誰のボックスを砕くか」を2分の間に協議します。
  自分の知っている情報を伝え、誰のボックスに魔瘴石が入っているかを推理して下さい。
  誰のボックスを開けるかは最初のターンのみ多数決で決定され、以降のターンは
 「前のターンにボックスを開けられたプレイヤー」に決定権が移ります。

4.決定権のあるプレイヤーは、自分の前にあるボックスの内どれを開けるかを選んで下さい。
  3と4を繰り返し、全ての魔瘴石が砕かれるか、全ての太陽の石が砕かれた時点で
  どちらかのチームの勝利が決定します。

5.尚、ゲーム中、「参加人数分のターンが経過した時」と「魔瘴石が2つ砕かれた時」に
  全てのボックスの中身がランダムで交換されます。
  この時までに開けられたボックスに、中身が入る事はありません。
  クァバルナの配下たちのみ、魔瘴石が誰のボックスに入っているかを知る事が出来ます。


※当ゲームはテスト開催段階の為、プレイ中にルールが改定される場合があります。


マネマネさんとは違った、疑い合いの夜を…。
スポンサーサイト
| その他突発 | COM(0) | TB(0) |
2014-07-07 (Mon)
どうも~、オネエです~v
去る今月の五日、久しぶりで【RP(ロールプレイ)お食事処】開店してました♪
丁度七夕さんの時期やったさかい、外装もちょっぴりそれっぽうして。
提灯や天の川、林道の雰囲気に合うてて好きやわあv


20140705-2130_164557782.jpg


この日もお店はのんびり、色んなお人に来て貰えたん~。
相変わらず、オネエは口動かすんに集中して、合間の写真撮ってへんけども…orz

今回の開店からちゃんとした調理人さんに厨房お任せして、注文して貰うたら
ほんまにお食事出てくる様にしてみたり。
接客担当さんの数増やしてみたり。
オネエと賽子勝負して、勝ったら料理ごちそう、負けたら激辛そば食べてもらう…て
遊びを用意してみたり。
新しい事、色々試してみたん♪

お陰さんで新しい要素を複数のお人に試して貰う事は出来たんやけど、
まだまだオネエ自身の全体のお相手が足りへんなあ、思うたわあ。
特に賽子勝負してる間にお店来られて、何か盛り上がってる雰囲気がよう分からんまま
帰してしもうたお客さんいてたんが、すっごい反省点やねえ。


20140706-0005_164641449.jpg


でも、今回も最後まで残ってくれたお客さん、結構いてはったんよv
暖簾間際にお店側・お客さん全員集合でパシャリ。
賑やかに喋ってはったお人にも、静かにみんなの喋り聞いてたお人にも
何しか思い出の残る一晩やったなら幸いやわあ。


20140706-0046_164661467.jpg


そして。
お店の反省会兼打ち上げ…と称して、従業員さん+助っ人の兄さんにだけ残って貰うて
突然のもっさん(バラモス)迷宮へ!…この写真やと、オネエ召喚されたみたいやね。
ともあれ(身体的に)男女組に分かれて、二組でそれぞれもっさんお相手に戦うて来たん♪

…でもこれ、実の所「さぷらいず」の為の前フリやったんよねえ…v
この写真に映ってる内の二人がお誕生日近いからて、ちょっと前からお友達内で
秘密のお祝いしよか、てお話出てたんね。
で、オネエはこの日二人がお店に従業員さんとして来てくれる事を使うて、
この場所で秘密のお祝い敢行のお話をずば~んと提案したん…すっごい直前に。

作戦は「迷宮行ってる間に、残ってるお人方が内装を七夕っぽいお祝いムードに変える」いうの。
打ち上げがもっさんコインやったんは、簡単に押し勝ち出来へん所為で討伐にそこそこ時間かかる
やろうって密かな算段から。
一緒にお祝いしてもらう段取りお願いしてた他の従業員役さん方にも、この日この時まで
もっさん迷宮予定してる事だけは伝えてへんかった訳やけども♪


この作戦が成功したかどうか? お店の内装はどんな感じやったか?
それはきっと既に誰かが語ってて、これからまた誰かが語ってくれるやろう事。


20140706-0234_164693380.jpg


この漫遊記には、いつも通りに賑やかな夜が過ぎたんよ、とだけ記録しとくわな。
お二人さん、おめでとさんやよ~v
そしてさぷらいずに携わった全てのお人に、お疲れさんとありがとさんを、やね♪

 
| オネエの旅日記 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。