09≪ 2013/11 ≫01
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-11-22 (Fri)
※ 今回の記事は割と身内ウケな内容です ※

どうも~、オネエです~v
何日か前についったさんで「活魚カード」いうんが流行ったみたいやねえ。
それを受けて、オネエの周りでは「おごそカード」作ろか、いう話が出とったんよ。
……まずこれを作ろか、いう話になるんも凄い流れではあるんやけども…v

経緯やなんかはこのつぶやきまとめを参照して貰うとして。
オネエ、ちょっと本格的に遊べるんちゃうかな~いう所まで、ルール考えてみました~。
まだざっくりした所と細こう考えたところとが混在してるけども、
こういうんがお好きなお人はちょっと見て行ったって頂戴な♪


~おごそカードの遊び方~


○ ゲーム前準備


・手持ちの【人物カード】と【その他のカード】でそれぞれ山を作り、中央に置きます。
・何らかの方法で先攻・後攻を決めて下さい。
・順に、山札から【人物カード】と【その他のカード】を、手札が5枚になるように引いて下さい。
 ただし【人物カード】は最低でも1枚引かなければなりません。
・全プレイヤーが手札を引き終わったら、【人物カード】を最大4枚場に伏せて出して下さい。
 ただし最低でも1枚は場に出さなければなりません。
・出した【人物カード】を同時に表へ返して、ゲーム開始です。

・【人物カード】
  おごそかに纏わる個性的な面々のカードです。
  それぞれのカード毎に「HP」「MP」「OP」「素早さ」「効果」「特技」を持ちます。
  この中の「OP(おごそかポイント)」を、ゲーム終了までにより多く蓄積した
  プレイヤーがゲームの勝者となります。
  また、それぞれに設定されている条件を満たすと、主にHPダメージが強化される覚醒状態、
  OP増加に降下の大きい暴走状態にカードを変化させる事ができます。

・「OP(おごそかポイント)」
  ゲームの勝敗を決めるポイントです。
 「なんとなくハチャメチャな事をしているポイント」だと思って下さい。
  奔放な人物カードほど高く設定され、堅実な人物カードの場合はマイナス値も存在します。
  1ターン終了後、場に残っている全ての人物カードの「OP」が累積加算されます。
  このポイントをより多く集める事がゲームの目的です。


○ ゲームの流れ

1.カード補充ターン

・以下のいずれかを選び、手札を補充して下さい。
 1:【人物カード】の山から、1枚補充する(手札が5枚以下になる場合でも1枚のみ)
 2:【その他カード】の山から、手札に足りない枚数分を補充する
 3:不要な手札を自由な枚数破棄する。ただし、手札を引く事はできない


2.カード展開ターン

・【雰囲気カード】【行動カード】を場に出す事が出来ます。

・【雰囲気カード】(1ターンに1枚のみ)
  ゲームの場全体に効果を及ぼすカードです。場に出ている限り効果が永続します。
  場に1枚しか置く事が出来ず、基本的には次の【雰囲気カード】が出されると、
  それまで場に出ていた【雰囲気カード】は墓場行きになります。
 
・【行動カード】(1ターンに何枚でも)
  様々な効果を持つカードです。効果範囲・有効ターンなどは様々です。
  基本的に人物カードに重ねる形で使用し、効果が発動した後は墓場行きになります。
  使用できる人物に制限がある事がほとんどです。


3.パーティ行動ターン

・場に出ている人物カードそれぞれの行動を決定するターンです。
・「特技の一つを使う」または「行動カードを使用する」のどちらかを選ぶ事が出来ます。
・「何の行動もしない」事も可能ですが、今の所メリットはなさそうです。
・また、手持ちの【アイテムカード】を直に使用する事ができます。

・行動順は人物カードの「素早さ」によって決定します。
・「素早さ」の早いカードが場にあるプレイヤーから、順に該当カードの行動を決定して下さい。
・「HP」に関わる数値の変動は即時、「OP」に関わる数値の変動は次ターンで纏めて処理します。
・「HP」が0になった【人物カード】は、該当の特技等がない限り、即時墓場行きになります。

・【アイテムカード】(1ターンに何枚でも)
  様々な効果を持つカードです。効果範囲・有効ターンなどは様々です。
  パーティ行動ターンの最中であれば、プレイヤーの任意のタイミングで使用できます。
  基本的に効果は即効性で、使用後は墓場行きとなります。


4.OP精算ターン

・場に残っている【人物カード】の全ての「OP」を累積OPに加算します。
・場の【雰囲気カード】【行動カード】に「OP」に関わる内容のカードがあった場合は、
 累積加算前に全て計算して下さい。


以上の4つを1ターンとし、以下1~4を繰り返します。


○ 終了条件

場がいずれかの状況に達した段階で、ゲーム終了です。

1.規定のターン数を迎える
・設定したターン数が来た時点で、ゲーム終了です。

2.パーティメンバーの全滅

・どちらかのプレイヤーがパーティ行動ターンで【人物カード】を全滅させてしまい、
 尚且つ次の補充ターンで手札に補充できる【人物カード】が無かった場合、ゲーム終了です。
 全滅=負けではなく、勝敗はあくまでそのターンまでの累積OPで決定します。



…なんとのう、こんな感じやろかねv
追記には【人物カード】の一例を置いといてみるんよ~。



  → ReadMore
スポンサーサイト
| オネエの四方山話 | COM(0) | TB(0) |
2013-11-09 (Sat)
どうも、久々のオネエでない方です。
……って本当に久々ですねΣ まさか2ヶ月近く更新していないとは思いませんでした。
間にも幾つか企画事はやっていた筈なんですが……サボりすぎですねーorz
ただ広場でも日誌が付けられる様になり、この漫遊記の立ち位置も
ちょっと悩むところではありますが。
まあ、とりあえず年内はこのままで(笑)


さて、今回はこれまた久々に新しい事を。
タンスと手紙を使うゲーム第2弾【魔瘴と無限回廊】テスト開催のお知らせです。

得体の知れない回廊に閉じ込められたあなたと、他数名。
後ろからはどんどん魔瘴が迫ってきます。
最後まで逃げ切れる一人は、さあ……だあれ?





開催日時:11月9日(土)22時30分~
開催場所:ガタラ住宅村 古代遺跡地区4009-5宅内
人数上限:3~5名まで(観戦は何人でも可)

ゲームには手紙を使います。「もらった手紙」に3枠の空きを作っておいて下さい。
また手紙の枚数の都合上、人数を問わず1ゲームのみの開催となります。


○ ルール ○

1.このゲームはターン進行制です。以降、手紙を「カード」と呼称します。

2.まずタンスの中から「進行カード」と書かれたカードを3枚、「特殊カード」と書かれた
  カードを1枚取って下さい。
  この2つはタンス内で、レッドアイを境に区切られています。

3.ダイスを振り、数値の大きかった人から時計回りでゲームが進行します。
  ターン前半:「進行カード」の中から任意で1枚を出して下さい。
  カード下部に書かれたカードナンバーを「白チャットでコール」する事で、
  「進める数」と同じ数があなたの「位置(=持ち数)」になります。

4.特殊カード:全員が「進行カード」を出したところで、特殊カードを使用する事が出来ます。
 「進行カード」と同じく、カードナンバーを白チャットでコールして下さい。
  カードの効果が「一瞬」のものはそのターン内のみ。
 「永続」のものは以降ゲームが終了するまでずっと効果が続きます。
  特殊カードの使用・不使用は任意ですが、カードを自発的に捨てる事は出来ません。

5.全ての特殊カードの効果を適用した後、ターンの後半が始まります。
  ターン後半:前半と同じく「進行カード」の中から任意で1枚を出して下さい。

6.ターン後半終了後、ルールに基づき「最も魔瘴の近くにいた1名」が
  ゲームから脱落します。

7.以上3~7を、参加メンバーが最後の1人になるまで繰り返します。





尚、当ゲームはテスト段階です。
ゲーム的な不備・ルールの調整等があるかも知れない事をご了承下さいませ。

| その他突発 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。