04≪ 2013/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-05-30 (Thu)
どうも~、オネエです~。
世界が四度大きく変わってから暫く経ったけども、皆は楽しゅうに旅してるやろか?

オネエは言うたら…近頃かなり真面目に修行してた事もあって、今までの自分やったら
考えられへんかった「世界が変わったその日に修行の上限解放達成」を成し遂げたり、
世界が変わる前からちょいちょい強い魔物にも挑戦したり、少しずつやけど
難儀な冒険にも積極的に出るようになってきたんよねえ。
これは側にいてくれてるお人方の影響もあっての事や思うけど…ふと、オネエは考えたん。

オネエが譲られへん事、それは扇旅芸人として曲芸の道を極めるいう事。
これはアストルティア…エテーネの村の外に旅立った時から変わりのあらへん、
ちょっと勿体付けた言い方するなら矜持、いう事になるわけやけども。

旅芸人として修練を積むのは今後も変わらへんとして……他の職業や武器に関して、
オネエは一体どうしたいんやろ、って。

周りはこれ!って本業を決めつつ、他の職も上手い事修練積んでるお人が結構多うてねえ。
今まで何とのう漠然と「旅芸人として強うなる」事しか思うてけえへんかったけど、
丁度ええ機会や思うてちょっと本気で考えてみたんよね。

と、いう事で♪
前の分とちょっと方向性はちゃうけども、あまりに字数が多うなってもうたから…。
「オネエはこの先どう強うなりたいん?」これを三回目の四方山話にしてみよか。
…半分以上オネエ自身の為の覚え書きやから、何もやる事あらへん時にでも読んだってv


最初に考えたんが、旅芸人以外のどの職を主に上げるか。
何でも出来る人を目指すんもええけど、オネエはどちらか言わんでも後方支援が好きやし。
それに刃物持つんは不得手やし、両手剣なんか持った日には筋肉痛とお友達、やもの。

で、最近名乗ってる「本業旅芸人、副業僧侶」を、字面だけでなくしようか思うたんよb
ずっと僧侶さんやってきたお人方に比べたらえらいあやふやな動きしか出来へんし、
形だけでのうなるには、まだまだ時間と経験が要るやろうけどね~♪


そうなってくると、次に考えんとあかんのは技の取捨選択。
最終的な目的が旅芸人として立つ事である以上、使う武器は絞り込んでおいて、他の職業で
磨いた地の力…所謂パッシブいうやつやね…を注ぎ込むんが一番ええ方法ではある筈。
せやけどあまり地の力ばっかり鍛えてたら、今度は武器の扱いが不得手になる一方やしねえ。

まず削る事のないんが「きょくげい」と「扇」、これは最初から決定済み。
次に考えたんが「しんこう」「スティック」と「盾」。
この辺は後方専門の僧侶さんやる以上、上げときたいんよね。
その次が「短剣」。刃物ではあるけども、旅芸人やってる時にMP吸えるんは魅力的やもの。
更に次が「ムチ」……他の技を磨く為には、ムチは捨てなあかんかも知れへんね。

目指す数値は「きょくげい」から「盾」までが修練の上限、つまりは100。
短剣はあくまでも旅路の補助用いう事で、ちょっとかじった程度の22。
これらを満たす為に色々考えた結果、オネエが目指すべき修練の積み方は……


・旅芸人69(扇46/きょくげい100)
・僧侶68(スティック37/しんこう心100)
・武闘家58(扇42)
・魔法使い50(盾66)
・盗賊45(短剣22)
・パラディン50(スティック23)
・賢者29(盾34)
・スーパースター34(扇12/スティック40)



こんな感じになりそうやな、て分かったんよv
旅芸人と僧侶は、多分色々巡ってる内に知らず知らず達成出来るやろうなと思う。
賢者さんもまだそんなに莫大な経験を求められる段階やないし、
パラディンはあの不思議な踊りを覚える為にもいずれ50までは行き着くつもりやったし、
盗賊とスーパースターは既に条件を満たしてた。

という事は……オネエにとっての難関は、扇は使えるけど前に立つんが苦手故に武闘家と、
後衛ではありながら武器の技を1つも取るつもりがあらへん魔法使い、やねえ。

更に修練を重ねていったりやとか、特訓に手え出したりする間に、もっと他にええ
技の磨き方が見つかるかも知れへんけども。
今現在オネエが目指すもんは、ようやっと掴めた感じやわv


 
スポンサーサイト
| オネエの四方山話 | COM(0) | TB(0) |
2013-05-30 (Thu)
どうも、オネエでない方です。
色々な意味で書くのをサボっていた為、2週間分のイベント結果をまとめてお届けします!
……もうちょっとタイムスケール考えような、私!

まずは1つめ、先週火曜の5月21日午後10時30分、
【追跡者から逃げ切れ!inガートラント】を開催いたしました!


逃走前に。

写真は逃走開始直前の一幕。
主催の背後にいるプクリポ2名が追跡者、主催前に何故かずらりと整列しているのが
総勢11名の逃走者です。

今回は初めてのフィールド開催+追跡者側にのみドルボード解禁、の条件で開催しましたが
如何せん2名で探すのにガートラント領は広過ぎた!
序盤に2名の逃走者が捕まった以外は全員逃走成功という、今までに例を見ない
逃げ切りっぷりになりました…!

ううむ、返す返すも人数比を調整すべきだったかorz
蓋を開けるまで参加人数も各陣営の人数も謎、なスタイルの弱点が出た感じですねえ。
ともあれ追跡者のお2方、お疲れ様でした。そして逃げ切った逃走者さん方、おめでとう!


ありがとうございました!



そして先日、5月28日午後11時30分からは、開始1時間前1回のみのゲリラ告知で
【円卓と囚人のジレンマ】を開催いたしました!

協力し合うも蹴落としあうも各々の胸一つ、参加者さんから「ライアーゲ○ムみたい」との
お言葉を頂くこのゲーム。
告知が突然だった事もあり、開催不能な人数になるかもとぼんやり考えてはいたのですが…
無事合計8名の方に集まって頂け、6人で2回戦目まで、3人で3回戦を
行う事が出来ました!


信じあう? それとも裏切る?


写真は2回戦の「最後のジレンマ」に突入した所。
表向きはおよそ和やかな会話が流れつつ、裏では密やかに落としたい相手への投票が
進む中々にスリリングなゲームに出来たんじゃないかなあ、と思いますb

課題があるとすれば、内容が内容だけに最終結果の公表がし難い所でしょうか。
事実上最後のジレンマの「勝者」になった人も大っぴらには喜べず、周りも最後の2人の
間に何が起きたのか詳しい部分は分からないままになってしまうので、勝ったぞー! という
カタルシスを得難い作りではあるかなあ…と。

今回は基本、最後に誰が「価値ある物」を手にしたのかの発表は行わずじまいでしたが
次に開催する時は、最後の2人に結果を公表するかどうか聞いても良いかも知れませんね。
あとの問題は…主催の資金力だな、うん(笑)


ありがとうございました!


ゲームの外には今回の結果を持ち出さない、という恒例のお約束の後での記念撮影!
参加・見学・ご協力頂けた皆さん、ありがとうございました!

オネエでない方は極端に夏に弱いので、外の気温が上がるに従って今回の様に
告知が遅れたり、結果のまとめが不定期になったり、最悪イベントの企画自体飛び飛びに
なったりするかも知れませんが(汗)暖かく見守って下されば幸いです!


さて、来週は……早いもので、もう前回の大人数開催から1ヶ月。
月始めの火曜日恒例【汝はマネマネなりや?】開催予定です。
人数次第ではシスター+孤独なマネマネの乱入も有り得る火曜日版。
どんな村の物語が出来上がるか、今から主催も楽しみです…b


 
| その他突発 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。