03≪ 2013/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-04-07 (Sun)
※ ルール詳細はブログ上部の告知よりご覧下さい ※

どうも、オネエでない方です。
どうやら旅芸人オネエが書く方の記事は、ちょっとした(?)停滞期に入ってしまったようで。
……記事書く間もなく呟きーの、酒場から出ーのしているのが駄目なんですけどね(笑)
オネエがやる気を出すまで、今しばらくイベント記事とお付き合い下さいませー。

さて…今週はすっかり2ヶ月1回が恒例になりつつあるこの企画。
【宝石盗を追いかけろ!】を開催したく思います!
…もうチョコ泥棒から2ヶ月なんですねえ。時間の流れは凄いもんです、本当。


いつしか冬の寒さが過ぎ去り、妖精の国にも春の音色が満ちたとある夜。
岳都ガタラの何処かにある「忘れられた博物館」から、貴重な宝石が無くなった!
冒険者達は、ガタラ原野に姿を隠した宝石盗を捕らえられるでしょうか──?

内容&ルールは前回・前々回【追いかけろ!】とほぼ同様となります。
逃げる泥棒「たち」を追いかけ、ホイミで捕まえてしまいましょう!


今回のイベント要綱はこちら↓





日時:4月9日(火) 22:15参加受付~22:30説明開始
集合:サーバー37/岳都ガタラ 採掘ギルド前

あなたはこんな物語を知っていますか?
岳都ガタラの片隅にある「忘れられた博物館」の存在を。
そして館内に飾られた宝石が、ある夜忽然と消えた事を──。
ガタラ原野を逃げる泥棒を「ホイミ」で捕まえましょう!


主催側がターゲットになる鬼ごっこ企画です。
全体で1時間~1時間半程での終了を予定しています。
細かなルールは主催ブログ(プロフ参照)でご確認を。

また、参加希望の方は「ホイミ」が使える職業で、
集合場所までお集まり下さるようお願いします。

皆様の参加、お待ちしております。
ルール&マナーを守って楽しい追跡劇を!





現地でも簡単な説明は行います…が、簡単な事に留めます。
参加をお考えの方は、ルールなど目を通しておいて頂けましたら幸いです。

前回は10分、前々回は6分。
…さあ、今回こそ逃げ切りを目指すぞー(笑)


 
スポンサーサイト
| 標的を追いかけろ! | COM(0) | TB(0) |
2013-04-07 (Sun)
○ 宝石盗を追いかけろ! 参加者様へのルール解説 ○

○ 基本ルール

・チーム戦です。お集まり頂いた方全員で、それぞれ3人パーティを組んで頂きます。
・「ガタラ原野」内を逃げる宝石盗(主催他1~2名)を見つけ、捕まえて下さい。
・捕まえる方法は「ホイミをかける」事。表記がミスでも有効です。
・制限時間は20分+5分。5分は1度も確保が出なかった場合のみのロスタイムです。
・一番早くターゲットを捕まえたチームには、ちょっぴり良い事があるかも?

・参加者側のルーラストーン使用は自由です。
・チョコ泥棒(主催側)は、ゲーム開始時の移動にのみルーラストーンを使用します。
・制限時間の経過は、タイムキーパー役の実行委員からパーティリーダーへ伝えられます。
・パーティリーダーになった方は、タイムキーパーと一時的なフレンド登録をお願いします。


○ ミッションについて

・ターゲットの捕獲とは別に用意された、小ゲームです。
・ガタラ原野を逃げるターゲットを見つけ出す為のヒント&手助けが貰えます。
・勿論、やってもやらなくても可。

・「岳都ガタラ」内のどこかに、学芸員(実行委員)が2名待機しています。
・まずはその内1名がフリーコメントに入れている「謎かけ」を見つけて下さい。
・その「謎かけ」で指示された事を解き明かし、もう1名の学芸員にお見せ下さい。

・それが正解であれば、学芸員からミッション成功の証になるアイテムが渡されます。
・そのアイテムを採掘ギルド付近で待機しているミッション管理係にお渡し下さい。
・ミッション成功の報酬として「逃げ手の位置情報」か「移動停止」を選択できます。

・「位置情報」の場合、宝石盗が今現在いる地点を地図座標で教えてもらえます。
 (例:C-4等。1つの称号で逃げている全員の位置を教えてもらえます)。
・ミッション副管理係を一時的にパーティに誘い、地図座標をお聞き下さい。

・「移動停止」の場合、ガタラ原野を逃げている全員が30秒間移動を止めます。
・注意:学芸員は、ロードの挟まる扉・区域の向こうへの移動は行いません。


○ 参加頂ける皆様へ

・ゲーム場所はガタラ原野ですが、集合は岳都ガタラの採掘ギルド前です。お間違いなく。
・主催側メンバーが揃いで着用する装備で来られた場合、変更をお願い致します。
・主催側メンバーはゲーム開始時に皆様へ紹介します。
・それ以外の方は当ゲーム実行委員とは関係ありませんので、ご了承下さい。


 
| 標的を追いかけろ! | COM(0) | TB(0) |
2013-04-07 (Sun)
今回、個人宛てにまだ手紙すら送付できていない状態ですorz
この記事をアップ後に改めて手紙を送らせて頂く予定…ですが、無理そうならご遠慮なく
蹴ってやって下さい。

尚、ルール説明時以外の主催はオネエのまんまです。
不明な点などありましたら、どの手段でも大丈夫ですので一声ご連絡下されば助かります。


○ 共通事項

・揃いのコスチュームとして「いやしのぼうし」を着用します。
・ゲーム開始前(ルール説明後)&開始後にちょっとした寸劇が挟まります。
・アドリブでツッコミやら何やら入れて下されば幸いです。
・ゲーム開始時の動きは潜伏組→逃げ手→(スタート合図)→城内待機組、の順で。


- 以下、役割分担 -


○ ガタラ内待機組(ゲーム状況管理/博物館側メンバー)

主にゲーム状況の管理を行うメンバーです。
主催含めた逃げ手+潜伏組は一足早く会場から離れるので、その後の進行などは
3名の中の誰か、及び皆様にお任せする事になるかと思います。

寸劇内では「盗人を捕まえたい博物館館長、及び学芸員」位になるかと思います。


1.ミッション管理係:1名

・採掘ギルド付近で待機し、ミッション(ルール説明参照)状況の管理を行って頂きます。
ミッション実行プレイヤーからのとりひきを受け付けて下さい
・その後、ミッション成功報酬として「どちらの効果を使いたいか」の確認を願います。
・地図座標の場合は主催まで緑チャットでお伝え下さい。
こちらからの折り返しは、副管理係に伝えさせて頂きます。
・移動停止の場合、その旨を主催まで緑チャットでお伝え下さい。
・指定の時間分、逃げ手全員がその時点で移動を停止します。

2.ミッション副管理係:1名

・ミッション管理係と一緒に待機し、主に「地図座標」の管理を行って頂きます。
・ミッション成功プレイヤーが「地図座標」を求めた場合、管理係から主催に連絡が来ます。
・その間に、成功プレイヤーとパーティを組んで下さい。
・主催からフレンドチャットにて、全員分の現在の座標をお伝えします。
・それをPTチャットでプレイヤー達に伝え、パーティを抜けて下さい。
・勢い余ってPTを解散しないように要注意。


3.タイムキーパー:1名

・名前のままです。ゲーム時間の20分を計測し、各パーティのリーダーへ通達して下さい。
・15分前、10分前、5分前、ロスタイム突入(20分時主催が捕まっていない場合)、
 終了、位のタイミングでの通知を考えています。
・ゲーム開始前、各パーティのリーダーとフレンド登録を行って頂く事になると思います。
・手元に時計、及び時間経過の分かるものをご用意下さい。


○ ミッション関係組(岳都ガタラ内潜伏/盗人に騙されちゃったメンバー)

主にミッション周り担当のメンバーです。
寸劇内では「盗人に騙されて持ち場を離れた学芸員」位になるかと思います。
「5」が完璧に騙されていて、「4」がオネエを疑っている、位でしょうか。


4.キーワード係:1名
5.成功判定係:1名

・1名はミッション成功の為の「キーワード」を保持しての潜伏係。
・1名はその「キーワード」が正しいかどうかを判定する為の係、になるかと思います。
・「4」担当の方には、何らかの形でキーワードを保持して頂きます。
・隠れても、動き回っても可。
・「5」担当の方には、ミッション成功の証となるアイテムをお渡ししておきます。
・伝えられたキーワードが正解だった場合、とりひきでそれを渡して下さい。
・尚、今回のゲーム開始時の出発は主催(逃げ手)よりも前になります


○ 逃げ手

6.宝石盗(に手を貸しているか、騙されているか、脅されているメンバー)1~2名

・実行委員人数、及び希望によって1~2名(主催込みで最大3名)調整予定です。
・主催+1名はほぼ本決まり……で良いんでしょうか。
・誰が逃げるかである程度寸劇シナリオを調節します。
・ガタラ原野内を、出来るだけ見つからないように20分間逃げて下さい。
・ホイミをかけてきたプレイヤーの名前をお伝え頂けると助かります。
・寸劇中、多分一番オネエに絡まれます。頑張って。


※ 当日は「逃げ手(2~3名)+ミッション管理係」
「潜伏係2名」「タイムキーパー+ミッション副管理係」でパーティを組む予定です。


 
| 宝石を奪い取れ! | COM(2) | TB(0) |
2013-04-07 (Sun)
素晴らしくのんびりペースでの公開になってしまいましたorz
汝はマネマネなりや? 第6回1戦目のおおよそのプレイログです。
個人名・役職のネタばらしは追記(後程公開予定です)へどうぞー。





0日目:イントロ

わしじゃ、マネマネとの繋がりを疑われまくっとる村長じゃ。
今回は空気のええ村で村長の座に収まっとったんじゃが…うむ、また出てきたんじゃよなあ。
マネマネがわしを呼ぶのか、わしの観察眼が優れ過ぎとるのがいかんのか……
ともかくも、わしの村はまたしてもマネマネの脅威に巻き込まれてしもうたという訳じゃ!

見て見ぬ振りをしておっては、村が滅びてしまう。
わしは魔物の研究をしとるという若者を呼び寄せ、対策を練った。
そして心を鬼にし、マネマネの気配を漂わせる村人達を呼び集めたんじゃよ。

決めポーズが鮮やかな青年、誠実そうな役者志望、小さな赤ずきんに、スライム大好きっ子。
元気の良すぎる若いのに、桜色の魔法少女、快活お色気娘、村長の座を争ったライバル。
最後にミッ……、黒毛に赤いズボンのマスコット。
この9人が、マネマネの気配を漂わせておった。

一体誰がマネマネなのか? それは村人達が突き止めてこそ意味がある。
…わしがすぱーんとマネマネを追放してしもうたら、格好良すぎるじゃろ? ん?


1日目:静かな船出

村人の数は全部で9名。こういう時は、1人がわしの家でお留守番じゃな。
元気のええ若いのがわしの家にやって来たが、こんな時は流石に静かじゃったのう。

月が沈んで陽が昇り、再び集まった村人の数は…9人。
どうやら誰もマネマネの爪牙(…あるんかの?)にかかる事はなかったようじゃ!
しかし、それでも誰が怪しいかの会議は行わんといかんでのう。
わしは魔物研究生に、追放会議の開始を告げるよう頼んだんじゃ…。

マネマネの被害がない夜、それは同時に追放の決め手にも欠ける日になる。
じゃが今回は…思わぬ所が追放者への糸口になってしもうたようじゃった。
なんと、見張り中にわしのライバルこと老爺が、勝手に家を出歩いたというんじゃな。
その上老爺と同じ家におった桜色の魔法少女は、自分が魔物博士であると言うておったのう。

無断外出が繰り返されるよう、ならその時点で追放とする…そう告げたわしの言葉も、
後押しになってしもうたかも知れん。
この日追放されたのは、その老爺じゃった。


残り人数→8人


2日目:嵐の一夜

残る村人の数は8人…マネマネの気配は、消えてはおらなんだ。
村人達はそれぞれに組む相手を選び、見張りの夜へと消えていったわい。

昨日、どこにも被害が出なかった事。
それは即ちマネマネが空腹の一晩を過ごした、という事に他ならん。
この夜は恐らく、皆無事では済まんじゃろう……わしはそう思うておった。
悲しいかな、その考えは間違うておらんかった。
夜が明けてわしの元へ戻って来た村人の数は…なんと、5人になっておったのじゃ!

1晩で3人もの村人が命を落とした…残された者達は皆、この事に動揺しておった。
今までわしが渡り歩いてきた村の中ですら、例を見んかった事じゃしのう。
スライム大好きっ子、お色気娘、そして元気の良すぎる若いの…。
一体誰が、どんな経緯で命を散らしてしもうたのか。
5人の村人は言葉を戦わせておったわい。
そしてこの日、小さな赤ずきんちゃんが「自分が魔物キラーだ」と言っておったのう。

投票は魔物博士であると告白した少女、そして死者を出した決めポーズの青年に集まった。
追放者を定められなければ両者が追放となる決選投票…その結果追放されたのは、
魔物博士であると名乗った桜色の魔法少女、であった。


残り人数→4人


3日目:風雨は過ぎ去った

昨日までは8人が生き残っておったのに、今日顔を合わせとるのはもう4人。
恐らくはこれが最後の日になるじゃろう……村人達は、粛々と部屋割りを決めていったわい。
2つの組に分かれた村人達は、見張りの為にそれぞれの家へと散っていった…。
…朝になって戻って来た顔触れに、マスコットの姿は無かったが、の。

マスコットと同室になっとったのは、決めポーズの青年じゃ。
そしてもう一つの組…キラーだと名乗った赤ずきんと、役者志望の若者は元気で戻っておる。
流石に弁解の余地は、無かったようじゃて。

投票は、青年へと集まった。
青年も追放の定めを静かに受け入れておったのう……。


残り人数→2人


3.5日目:アウトロ

青年が去った後の村から、マネマネの気配は綺麗さっぱり消えておった。
つまりはあの青年が…少なくとも最後のマネマネだった、という事じゃ!
犠牲となった村人達の為にも、残されたもん達にこの平和を守ってもらわんとのう。



* ……この日誌には まだ続きがないようだ。


 
| 汝はマネマネなりや? | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。