02≪ 2013/03 ≫04
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-03-26 (Tue)
どうも、オネエでない方です。
…そろそろ「オネエでない方ってどういう事?」な勢いですねorz
先週の時点では、新しい企画のテスト開催をこっそり…と思っていたのですが、ちょっと
形を考え直さないといけなさそうなので(汗)
困った時の室内突発企画、まさかの? 第2回目ですb

既に告知とさえ呼べない時間帯の告知なので、参加見学出入り、全てご自由にー。
またあまりに人数が少ない場合は……何か、その場で考えます(笑)


突発企画【サンドフルーツバスケット!】

開始:本日22時30分位からだらだらと。
定員:プレイ上限9名。見学はご自由に。
場所:アズラン林道1107丁目3番宅内。

・ルール・
大体子供の頃にやった事があるだろうフルーツバスケット、あのままです。
ただし円形に8脚並べた椅子を「2セット」使います。

1.最初に1人が「鬼」になります。「鬼」以外は同じセットの椅子に着席して下さい。
2.「鬼」は輪の中央にある椅子に座って、何かしらお題を言って下さい。
3.そのお題に当てはまっている人は椅子から立ちましょう。
4.立った人は、今まで自分が座っていた以外の椅子に素早く着席して下さい。
5.座れなかった1人が次の「鬼」になります。
6.これを何度か繰り返し、数回「鬼」になった人の負けです。

7.お題コール後立った人(当てはまる人)が1人だけの場合「鬼」のお手付きです。
8.「フルーツバスケット!」がコールされたら、全員同じセットの椅子に総移動。
9.「サンドフルーツバスケット!」で、もう1セットの椅子に全員移動です。

※ 立ち難いお題は出さないようにしましょう。
※ お題に当てはまっているかどうかは自己判断で。
※ 今回「も」軽い罰ゲームがあったりなかったり。


 
スポンサーサイト
| その他突発 | COM(0) | TB(0) |
2013-03-25 (Mon)
どうも、オネエがご無沙汰しています。オネエでない方です。
一昨日は3月23日午後10時30分から、ブログ&ツイッターのみでひっそり告知していた
【土曜マネマネ】を開催いたしました!

ルール等は火曜日に行っている【汝はマネマネなりや?】とほぼ同一。
ただし進行役が他の方、私(クライト)はプレイヤー側、火曜に比べてやや緩い(?)ルール、
といった感じでの開催となりましたー。

土曜マネマネ開催元々の切欠は「回数をやりたい」と「火曜日には参加できない」という声を
ツイッターで聞いた事。
呟き上ではオネエが言ってましたが(笑)マネマネ、ゲーム後の反響や波及の仕方が
私主催の企画の中で一番大きい訳でして…これは土曜にやらずにいられまい、と(笑)
という訳で、かなり突貫工事(かつ、進行役3人の内2人には相当な無茶振り)ながらも
土曜マネマネの開催と相成った訳ですb

当日はオークカツ丼友の会仲間の新村長(こんちえさん)進行・8人での1回戦と、
とある王国の放蕩? 王子(ミサークさん)進行・10人での2回戦を行い、
どちらもエテーネ側勝利での決着となりました!

それぞれに特色ある進行を行って頂け、普段火曜のマネマネに顔を出して下さる方も
初めてマネマネに参戦の方も楽しんで頂けたようで…主催冥利に尽きますなあ。


参加・見学・ご協力頂けた皆様、ありがとうございました!

土曜マネマネ、今後も第1・第3(か第2・第4、火曜マネマネと被らない週に)の形で
ゆっくりまったり続けていければと思います。
プレイログは…明日の分の告知が終わってから書けたら良いなあ……(遠い目)

 
| 汝はマネマネなりや? | COM(0) | TB(1) |
2013-03-21 (Thu)
わしじゃ。村長じゃ。
何か分からんが「これから村の長を目指すものの為に手引書を書いてくれ」と頼まれての。
わしもそろそろ後進の育成に目を向ける頃かと思えば、感慨深いわい。


あー、これから村長になろうとしとる若人よ。
村長への道は中々に厳しいぞい? それでも村長になりたいかの?
……ならばよし、じゃ。わしのとっておきを伝授してやろう!

まず村長はこう見えて体力勝負じゃからの、しっかり食って栄養をとらんといかん。
お勧めはアレじゃよ、アレ。カツ丼。特にオークのヒレカツ丼は最高じゃの。
材料? なーに、村の若いもんに捕りに行かせたら大丈夫じゃ。その位は村長権限じゃよ。

あと、村人の事はよーく知っておかんといかんぞい。
普段どんな事をしとるか、とかどんな特徴があるか、とかわしに貢物をくれそうか、とか。
…決してやましい気持ちは無いんじゃよ?
敵を知るにはまず味方から、という事じゃ!

それから──


(どうでも良い記述は まだまだ続いている……)

(別の手引書を 読んで見ますか?)


  → ReadMore
| 汝はマネマネなりや? | COM(0) | TB(1) |
2013-03-21 (Thu)
どうも、オネエでない方です。
一昨日は3月19日午後10時30分、予定していた通りに
追跡者から逃げ切れ! in ヴェリナードを開催して参りました!


今回、私主催の実動系ゲームにしては珍しく実行委員さんを募らないままの開催でしたが、
過去の各企画を含め、今までで最も多くの方に会場へお越し頂く事が出来ました!
宝石の運搬から1週間、再び謎の人物に集められた逃走者達は、決められた時間内
ヴェリナードの城下町を逃げ回る事に……。


今回の追跡者達。


参加者内訳は1回戦が逃走者15名、追跡者5名、見学4名。
ずらっと追跡者が並んだ図、こうして見るとかなり緊張感がありますね。
惜しむらくは、表示限界でお互いの姿を中々確認できない事でしょうか…orz

制限時間は前回から少し延ばして25分、ゲーム結果は…10分経たずに全員確保
追跡者同士でパーティを組んだ事、同時に追跡側のゲーム運びが上手かった事が重なっての
スピード確保となったようでした。


確保されて…。


確保され、集合場所に続々と帰ってくる逃走者達……。
予定の時間もかなり残っていましたし、もう1回の声に応え急遽2回戦目を行う事に!

2回戦目の内訳は逃走者18名、追跡者4名、見学1名。
同時に「時間経過で追跡者の数を増加」というルールに切り替えた結果……。
見事、2名が逃走完遂となりました!
最後まで逃げ切ったのは…この2人だ!


逃げ切りおめでとう!


ピンクのモヒカンが眩しいドワーフさんと、上だけ着替えたウェディさんが、
通算2&3人目の逃走成功者となりました!
逃走成功、おめでとうございます!
…またその場でお名前載せて良いか聞き忘れたんだ、うん…了解頂けたら書き換えますorz

久々の【逃げ切れ!】…今回初めてイベントにお越し下さった方が多かった事や
想像以上の人数にお集まり頂けた事で、主催もちょっと色々慌てていましたが(笑)
25分間×2回の逃走&追走劇、お楽しみ頂けたなら何よりです。


ありがとうございました!


参加者の方が、イベントの様子を記事にして下さいましたよー!
すらいむのねごとさん(記事直通)
脱出ゲームinDQ10な主催者さんが、逃げ切れの世界へ迷い込んで下さいました!
Recollection DQXさん(記事直通)
以前【捕まえろ!】にも参加下さったカレルさんの記事。イラストが何とも可愛い…!(笑)


参加・見学・ご協力頂けた皆さん、ありがとうございました!
参加して下さる方あっての企画。楽しんで下さる皆さんに感謝です!


反省会へようこそ!


そして恒例、反省会…こちらに参加して頂ける人数も、じわじわ増えてきましたねー。
私が個人的に聞きたかった事やゲーム中の様子、次回以降に繋がる改善点等、色々な
ご意見を頂く事が出来ました。
お付き合い下さった方々、遅くまでありがとうございました!
…反省会後に色々凄い事が起きたりもしましたが(笑)そちらはまた、記事を改めて…b


さて。来週……の前に、ちょっとお知らせを。
3月23日(土)午後10時30分より、主催の自宅にて「優しいマネマネ(仮題)」を
開催予定です。
ルールは火曜日版と同一。ただし「進行役」やルール説明等にちょっとした違いが
あるかも知れません。その辺りは当日の人数や、経過時間次第という事で。

で、改めまして。
来週火曜日は月末の週にあたりますが、これまたちょっとした企画のプレ開催予定中です。
題して【迷宮入り探偵のはた迷惑な事件帖】
たった1つの正解を導かないnot推理ゲーム、になる予定ですが…はたして上手く行くやら。
ひとまず、予定は未定という事で(笑)


以下も恒例、いつか主催をしたい人には役に立つかも知れない、主催の感想です。
反省感想だだ漏らしなんで、役に立つかどうか非常に怪しいですけれども(笑)
毎度の如くに縦長なので、お暇な時のちょっとした読み物にでもどうぞーb



  → ReadMore
| 追跡者から逃げきれ! | COM(0) | TB(0) |
2013-03-17 (Sun)
8/27(火)開催予定の「追跡者から逃げ切れ!」ルール解説です。


○ 基本ルール・逃走者側

・追跡者にホイミをかけられないよう、会場内=ヴェリナード城下町を逃げて下さい。
・制限時間は20~25分(人数によって調整します)。
・時間経過は「主催のルームチャット」にてお伝えします。
・追跡者からホイミをかけられたら逃走失敗…。
・25分間逃げ切れれば、逃走成功です!

・ゲーム開始時、同じ逃走者の方とランダムにPTを組んで頂きます。
・PT結成後、目印として「ひとりプレイ」「離席中」アイコンを同時に出して下さい。
・捕まった時点でPTを抜け、主催にフレンドチャットで確保された事をお伝え願います。
・連絡後は「ひとりプレイ」「離席中」アイコンを消して、集合場所へお戻り下さい。
・逃げている間、PTチャットはご自由にお使い下さい。
・捕まった瞬間から、PTチャットは使わない(=すぐに抜ける)ようお願いします。
・イベント中に1度だけ、ヴェリナード城下町のものに限りルーラストーン使用可です。


○ 基本ルール・追跡者側

・逃げる逃走者を探し出し「ホイミ」をかけて捕まえて下さい。
・逃走者を捕まえた場合、主催へフレンドチャットでお伝え下さい。
・PTリーダーに経過時間を通達するので、ゲーム終了と共に集合場所へお戻り下さい。

・ゲーム開始時、同じ追跡者の方とランダムにPTを組んで頂きます。
・PT結成後、目印として「ひとりプレイ」「離席中」アイコンを出して下さい。
・追跡時のPTチャットは、ご自由にお使い下さい。
・ルーラストーンの使用は禁止です。
・立ち止まっての待ち伏せ、カメラ操作はご遠慮下さい。


○ 基本ルール・見学者

・「誰が最後まで逃げ切るか?」「誰が最も多く逃走者を確保するか」を予想して下さい。
・予想はゲーム開始時、フレンドチャットで主催へお伝え下さい。
・見事的中したら、何か良い事があるかも…?

・見学の方も自由にヴェリナード城下町へ移動して頂いて構いません。
・ただし、参加者との接触はご遠慮を。


○ 参加いただける皆様へ

・企画に初めてお越しの方は、主催(クライト)の一時的なフレンド登録をお願いします。
・逃走者/追跡者共、イベント中はそうび変更を行わないで下さい。
・ヴェリナード城下町中の建物内への進入は可です。
・ただし、緑ラインは越えないように(確保orゲーム終了まで、城内にも入れません)。
・ヴェリナード領など、ヴェリナード城下町外への移動は禁止です。
・バナナトラップの使用はご遠慮下さい。


 
| 追跡者から逃げきれ! | COM(2) | TB(0) |
2013-03-17 (Sun)
どうも、オネエでない方です。
すっかり企画告知ブログと化してるなあ…最新エントリにオネエの旅日記が一つも無いって
どういう事だ…!
オネエの旅路も少しずつ形にしたいですねえ。…のんびり行くとします(笑)

さて。開き直ったかに毎度の如く2日前告知です。
今週は実に4ヶ月ぶりで【追跡者から逃げ切れ!】を開催したく思います!

舞台になるのはウェディ達の優美な都・ヴェリナード。
そこへ集められた「逃走者」と「追跡者」。そして始まる20分の逃/追走劇。
ルールは簡単。追跡者のホイミに補足されたら、逃走失敗。
──さあ、癒しの歌に守られた水の都へ、ほんの一時のスリルをもたらそうではありませんか。


思えば去年、初めて火曜日夜に行ったのがこの企画でしたねー。
…なんてな思い出話は横に置いておいて(笑)今回のイベント要綱はこちら↓





日時:3月19日(火)22:15~参加受付、22:30~ゲーム説明開始
集合:サーバー37/ヴェリナード城2F・食堂内

お洒落が大流行するこの頃、水の都での逃走劇開催をお知らせします。
ルールは簡単。時間まで追跡者の「ホイミ」から逃げ切る事。
迷路のような都市の中、あなたは最後まで逃げ切れますか……?

全体で1時間半前後での終了を予定しています。
詳しいルールは主催ブログ(プロフ参照)にて。
簡単な説明は現地で行いますが、各自でのルール確認もお願いします。

また、逃走希望の方は「皮よろい+皮ズボン」で。
追跡希望の方は「うろこよろい上下+ホイミを使える職業」で集合下さい。
(見学の方にも違うゲームをご用意しています)

皆様の参加、お待ちしております。
ルール&マナーを守って楽しい逃走劇を!





久々の【逃げ切れ!】…主催も若干勝手を忘れていそうなんで、今から復習してきますb
どうぞ楽しい逃走劇となりますように!


 
| 追跡者から逃げきれ! | COM(0) | TB(0) |
2013-03-16 (Sat)
どうも~、オネエです~…久々の四方山話やねえv
オネエ、この間とある企画に顔出させて貰うたんやけど(詳しい事は改めて書かせて貰おv)、
そこで「悪事千里を走る」いう言葉を聞いたん。

悪事千里を走る。「悪い事をはすぐ広まるから、ええ子でいなさいや~」いう意味やね。
で、その言葉を聞いたオネエと、その場におったお友達はふと考えたんよ。
「アストルティアの千里って、どれ位の距離なんやろう?」て。

…一度気になったからには、調べてみんとオネエが廃るやない!
という訳で、2回目の四方山話はアストルティアの距離の検証に決定~v


アストルティアの千里を知る為には、まず色々な前提条件が無いとあかんやんね。
検証の方法は色々あるやろけど、オネエは「アストルティア時間」と「冒険者の移動速度」、
この2つを基準に千里を探ってみる事にしたんb

まず、アストルティアの時間について。
アストルティアの1日は、お外の世界の「72分間」に相当してるらしいわあ。
つまりアストルティアでは、お外と比べて時間の流れが「20倍の早さ」いう事。

次に、冒険者の移動速度。
大多数が旅を生業にしてるんやさかい、普通のお人に比べたら体力あるて考えられるやんね。
でも戦いやら何やら控えた旅路で四六時中全力疾走! いうんも無茶な話やし、
そもそもオーガさんからプクリポちゃん、兄さんからお嬢さんまで同じ速度で走れるんを
考慮して、ここでは普通より早いランニング程度の「1時間12キロ」で計算してみるわあ。
……ちなみにこれ、ふるまらそんとかいうんを3時間30分で走れる速さらしいよv

そして「千里」について。
まずは一里から…どうやら「一里=約4km」に相当するらしいんよねえ。
つまり「千里=およそ4000km」。…途方も無い距離やね。

これらの条件をあわせて考えてみたら……

・冒険者が一里(4km)を走破するのに必要な時間は、お外の時間で20分=1200秒。
・それをアストルティアで流れる時間の早さに換算すると、1200÷20=60、丁度1分。
・それを1000倍して、1000分=16時間と40分。
・1000÷72=およそ14。アストルティアの時間経過ではほぼ14日。

お外の時間にして16時間と40分、アストルティアの時間にして14日間走り続けたら
千里がどっからどこまでか分かるて寸法やわv

……いやいや、無理やから。

流石のオネエも…というかどんな屈強なお人でも、14日間連続走りっぱなしやなんて
無理に決まってるやないの!
せやから逆に、ある地点からある地点までを走るんにかかる時間を計って、そこから
千里を割り出してみる事にするわな~b

計測の舞台に選んだんは、ガートラント城下町の出入り口~ランガーオ村まで。

・ガートラント領→ザマ峠→ランドンフット→ゲルト海峡→グレン領東→ランガーオ山地と移動。
・街道(?)がある地域は、出来る限り道の上を走る。
・崖などはそこしか道がない場合を除いて、飛び降りない。
・うっかり戦闘に突入した場合、その間の経過時間は考慮に入れない。

この4つを条件に、ランガーオ村を目指して遥々ランニングしたところ、お外の時間で数えて
28分49秒で走りきる事ができたんよ!
ざっくり計算して、およそ(お外の)1秒間に67m程移動するとして…。
ガートラント城下町の出入り口からランガーオ村までの距離は、およそ115km
…これ、お外の「東京」から「南アルプス」位に匹敵する距離なんやって。
何とのう短い気いもするけども……ま、とりあえずええ事にしといてv

この区間を往復したら230km、それを千里で割ったら…17往復とちょっと
つまりアストルティアにおける千里は、ガートラント城下町からランガーオ村までを
17往復強する距離やったんよ!
きっとランガーオ村で悪い事したら「お前のした悪い事は17回お城に届くんだぞ!」とか
言われて怒られるに違いないわあ。うんうん。


て、ここまで書かせてもろてなんやけど…この数値、あんまり合うてる自信ないんよ;
計算し易い数字に調整したり、面倒な所は端折ったりしてるし、何よりオネエ自身が
数字には強い事ないし~orz
他の大陸まで検証して距離を繋いでいったら、面白いデータになるんかも知れへんけどねえ。

せやからこれ読んだ数字に強いお人が、確かな数字をオネエに教えてくれるん期待しつつ
四方山話の二回目を終わらせてもらうわな~v


 
| オネエの四方山話 | COM(0) | TB(0) |
2013-03-14 (Thu)
どうも、オネエでない方です。
昨日は3月12日午後10時30分、予定していた通りに
【宝石を奪い取れ!inガタラ】を開催いたしました!

今回は参加12名、観戦4名、計16名+主催でのイベントになりましたよー。
場所はプレ開催時のアズランから変わって、岳都ガタラ(写真は集合場所、採掘ギルド前)。
採掘ギルドから拝借した宝石を奪い合いながら、隠れ家まで無事運ぶように…という通達を
受けた12名の参加者=「運び手」達。


謎の人と「運び屋」達。


集合地点から町中に散らばり、ルールに従って宝石を奪い合い、制限時間の20分が過ぎる
までに目的地である「ガタラ住宅村の隠れ家」まで宝石を持ち運ぶ…そんな勝負を制したのは
赤色の宝石3つと青色の宝石3つ、計6つを集めたいっピ~さんと
それぞれの宝石を2色ずつ、同じく計6つを集めたシドーさん、このお2方でした!

今回も観戦の方には「誰が優勝するか?」を予想して頂きましたが、残念ながらそちらは
正解者無しでした。


お疲れ様でした!


参加・見学・ご協力頂けた皆さん、ありがとうございました!
イベントは参加して頂ける方あってのもの。お越し頂けた事に感謝です!

前回プレ開催から2ヶ月の間が空いての本開催、いかがでしたでしょうか?
今回も相変わらずのルール説明の長さだったのですが(汗)参加・見学双方共に楽しんで
頂けたなら、主催冥利に尽きるというものですb


今回もやりました、反省会。


そして恒例、反省会。
ガタラの隠れ家をそのまま使おうと思ったのですが、一度時間を知らせる時に出入りした際の
重さ(&カメラのままならなさ)で断念しましたorz
あの内装は企画の為に組んだものなので、ここで披露できたらと目論んでおります(笑)

反省会中は、見過ごしていた事に関して「なるほどな!」という改善案を頂けたり、
主催が知る事の出来ないゲーム中の流れや戦略を聞けたりで、毎度の事ながら
実りある反省(?)をする事が出来ましたー。
…反省した後はいつもの通り「良く分からない何か」でした(笑)

さて、来週ですが……とある方からとっても素敵な外伝を頂けたので。
実に4ヶ月ぶりで【追跡者から逃げ切れ!】を行う予定です。
とはいえ、前回の「逃げ切れ!」からは色々と追加・変更点が出そうですが…!


以下恒例、いつか主催をしたい人には役に立つかも知れない、主催の感想です。
今回は「やっちゃったなあ」と思う部分、次回から適用すべきルールに関してと、
主催自身……と言いますか、某謎の人に関してでも(笑)
毎度の如くに縦長なので、お暇な時のちょっとした読み物にでもどうぞーb


  → ReadMore
| 宝石を奪い取れ! | COM(0) | TB(0) |
2013-03-11 (Mon)
5/14(火)開催予定の「宝石を奪い取れ!」ルール解説です。


○ ルール1・ゲーム準備

・手持ちに「○○の宝石」が無い状態で、集合場所までお集まり下さい。
・参加希望であるかが分かるよう、主催に一声かけて下さい。
・この際、主催とのフレンド登録がお済みでない方は、申請をお願いします。
・人数にもよりますが、その場でランダムにパーティを組んで頂きます。
・パーティ編成後、「同じ色の宝石を2つ」または「緑色の宝石1つ」をお渡しします。
・ルール説明後、1パーティずつ好きな場所まで移動し待機して頂きます。
・主催の合図と同時にゲーム開始です。開始直後、リーダーはパーティを解散して下さい。


○ ルール2・ゲームの大まかな流れ

・プレイヤーにはそれぞれ「赤い宝石」「青い宝石」「黄色の宝石」が配られています。
・ゲーム開始時には、必ずそれぞれが「同じ色の宝石を2つ」持っています。
・例外として、1~3名のみには「緑色の宝石」が渡されます。
・「赤い宝石」は「青い宝石」に勝ち、「青い宝石」は「黄色の宝石」に勝ち、
 「黄色の宝石」は「赤い宝石」に勝ちます。
・自分が持つ「宝石」の色で勝てる相手を予想し、ルール3の方法で宝石を奪って下さい。
・「緑色の宝石」の効果は、ルール4をご覧下さい。

・制限時間は25分間。
・25分以内に宝石の奪い合いを終え、ジュレー下層内(洞窟内)まで移動して下さい。
・最も多くの宝石を手に入れ、時間内に目的地へ到着したプレイヤーの勝利です。
・時間内に目的地まで移動出来なかったプレイヤーは失格です。
・尚、時間の経過を主催から各プレイヤーに通達する事はありません。


○ ルール3・宝石の奪い方

・他のプレイヤーを見つけ「とりひき」申請をして下さい。
・「とりひき」中には、双方共に「白チャット吹き出し」の表示をお願いします。
・「とりひき」申請を行った側から任意の宝石を1つ、とりひき窓に出して下さい。
・申請を行われた側は、その後から任意の宝石を1つ、とりひき窓に出して下さい。
・ルール2の法則に従って勝敗を決し、勝った側は出した宝石を取り下げて下さい。
・負けた側は出した宝石をとりひき窓に残したまま、決定を押して下さい。
・勝者へ敗者の宝石が移った段階で、1つの略奪戦が終了となります。

・申請した側された側を問わず、同じ相手と連続して「とりひき」を行う事はできません。
・一度申請した「とりひき」を、双方共に却下する事はできません。
・どちらかが「緑色の宝石」を出した場合は、ルール4に従って下さい。


○ ルール4・緑色の宝石について

・「緑色の宝石」は、とっておきのイレギュラーです。
・「緑色の宝石」をとりひき窓に出した場合、相手の持つ宝石を全て奪う事ができます
・出された側はその時手にしている三色の宝石全てをとりひき窓に出して下さい。
・「緑色の宝石」と他三色の宝石を同時に所有する事はできません。
・つまり…緑色の宝石を持っている限り、ゲームの勝者にはなれません。


○ ルール5・たった1度の救済

・ゲーム時間内に全ての宝石を失ってしまった場合、ジュレー下層内までお越し下さい。
・1度だけ、救済として「緑の宝石」を手にゲームへ戻るチャンスが与えられます。
・チャンスを得る為の具体的な内容は……当日の会場にて。


○ ルール6・その他注意点

・ゲーム中、「自分がどの色を持っているか」等に関する嘘、ブラフは大いにありです。
・上手く他プレイヤーを出し抜いて、宝石を手元に集めて下さい。
・また「ジュレットの町」のルーラストーンに限り、1度のみ使用を許可します。
・他プレイヤーから逃げる、入り口で待ち伏せするなど、効果的なご利用を。
・三色の宝石が手元にある状態でジュレー下層内へ入った場合、二度と外には出られません。
・緑線(ロードの挟まる区画)を越えての移動はご遠慮下さい。


 
| 宝石を奪い取れ! | COM(0) | TB(0) |
2013-03-11 (Mon)
どうも、またオネエがご無沙汰してますね…オネエでない方です。
春先の近頃、どうにも気候が不安定ですねー。皆様体調その他、お気を付けて。

さて。すっかり2日前告知が板に付いてしまいました。
…いや、板に付けちゃあいけないんですけども;
最近毎回書いてる気がしますが、本当周りのイベンターさん達、凄いよ…!


ともあれ、今週は…やっとこ本開催、【宝石を奪い取れ!】を行いたく思います!
ドワチャッカ大陸は岳都ガタラ。とあるギルド前へひっそりと集められる「運び屋」達。
彼らに配られるのは三色の宝石…集まった面々へ、謎の人物は声高に告げるのでした。
「互いに宝石を奪い合い、水没地区にある隠れ家まで時間内に運んで欲しい」……と。


とりひきを使って町の中で遊んでみよう企画第1弾、テストを経ての第1回目です。
プレ開催の時からルールが増えているので、前回参加の方も一度ご確認をー。

今回のイベント要綱はこちら↓





日時:3月12日(火)22:15~参加受付、22:30~ゲーム説明開始
集合:サーバー37/岳都ガタラ・採掘ギルド前(展望台手前)
人数上限:17名まで

新しい世界、新しい職業。存分に楽しんでいますか?
そんな中、岳都ガタラで密かに行われるゲームのお知らせです。
集められた人々、四色の宝石。最も多くの宝石を手にするのは…さあ、だあれ?

全体で1時間半前後での終了を予定しています。
詳しいルールは主催ブログ(プロフ参照)にて。
簡単な説明は現地で行いますが、各自でのルール確認もお願いします。

参加希望の方は、必ず手持ちに「○○の宝石」がない状態、及び
道具欄に3つ空きを作った状態で会場までお越し下さい。
また、見学側にも違うゲームをご用意しています。

皆様の参加、お待ちしております。
ルール&マナーを守って楽しい略奪劇を!





これ、プレ開催からもう2ヶ月になるんだなあ…早いものです。
ちょっぴり駆け引き要素のあるゲームですが、楽しんで頂ければ何より!

今回こそ、ちゃんと時間すれすれにならない様待機するぞー!(笑)

| 宝石を奪い取れ! | COM(2) | TB(0) |
2013-03-09 (Sat)
汝はマネマネなりや? 第5回1戦目のおおよそのプレイログです。
※参戦メンバーが全員既プレイヤーの為、その場で確認は行いませんでしたが
追記より個人名・役職を載せています。







0日目:イントロ

わしじゃ、村長じゃ。
流れの村長を始めてから早……何年じゃったかの? まあ、早何年か。
わしは辺境の地にある小さな村へと赴く事になった。
…しかしのう、辺境の村じゃからと安心しとったのがいかんかったんじゃろうか。
この村にもやって来てしもうたんじゃよ…マネマネの脅威が!

村人の姿を借りて村の中へ潜り込み、罪無き村人の命を奪っていずれ村を乗っ取ってしまう。
幻の魔物・マネマネとはそういう存在じゃ。

落ち着きの無い若いの、とんがり帽子のお嬢ちゃん、腰巻きのよう似あう青年。
大柄なサンタクロース、食欲旺盛なお嬢ちゃん、せくしーるっくの魔法使い。
とがり髪の槍使い、淑やかな眼鏡っ子、ワイン色の髪を靡かせた青年。
マネマネの疑いがかかったのは、この9名……。

この村が生き延びる為には、誰がマネマネであるかを突き止め追放するより他ない。
……その過程で、無実の村人の命を奪う結果になるとしても、の。


1日目:信頼と疑いと

疑いがかかった村人の数は9名。つまり、1人はわしの家でお留守番をする運びになった。
槍使いと一緒に過ごした一夜の話は…まあ、置いておくとしてじゃな。

それぞれの家へと向かった8名は、翌朝全員無事な顔を見せてくれたんじゃよ。
全員無事とは言え、マネマネ探しを止める訳にはいかん。
わしは全員に、誰を追放するか決める為の会議を行うように命じたんじゃ…。

驚く事に腰巻の青年と、同室であった若いのは口を揃えて言うたわい。
「ある1人に投票するつもりだ」とのう。
その根拠は…なんと、魂を見定める時、わしと過ごした時間が長いからというもんであった。

当然その1人は疑いを否定しておったし、周りの何人かも魂を見定める間の時間は
あてにならんと話しておったが……。
投票の結果、追放されたのは名指しされた人物…ワイン色の青年じゃった。


残り人数→8人


2日目:その死は突然に

青年が追放されても、マネマネの気配はまだ村の中にあった。
…つまり、今日も見張りが続くという事じゃの。
8人になった村人はそれぞれの家へと分かれていったわい。

朝飯のカツ丼を注文しながら、皆の身を案じておったんじゃが…わしの願いは届かなんだ。
昨日の会議を導いておった腰巻きの青年が、儚くもその命を散らしておったんじゃ。
同室になっておったのは眼鏡をかけた淑やかなお嬢さん。
お嬢さんは青年が死んだ事に対して、随分と動揺しておったようじゃの。

お嬢さんは無実なのか? 命を失った青年は何者だったのか?
議論は続き……その結果追放されたのは、お嬢さんその人であった。
やはり同じ家の中で死者が出ると、中々疑いを払拭するのは難しいようじゃのう…。


残り人数→6人


3日目:死者と追放者

村人達が互いを見張るようになってから、早くも3日…マネマネの気配は未だ健在じゃった。
村人たちは最早手慣れた様子で、誰と誰が見張り合うかを決めておったわい。

夕飯用の角煮を作りながら、わしはこの村の行く末を考えておった。
上手くマネマネを追放出来た村もあれば、無念にもマネマネに乗っ取られた村もある。
この村は一体、どちらの運命を歩む事になるんじゃろう…と、な。
…考えすぎて角煮を焦がしてしもうたのが痛恨であったわい!

しかしのう…朝がきてみたら、角煮の焦げとは比べもんにならん事態が起きておったんじゃ。
とんがり帽子の可愛いお嬢さんが、物言わぬ体になっておった……。

お嬢さんを見張っておったのは、1日目にわしの家へお泊りにきておった槍使いじゃ。
この者は自分が魔物キラーであると告白しておったが…それを遮ったのは、
見事な体躯のサンタクロースじゃった。
彼はこう言った…自分こそが魔物キラーであるとのう。

1つの村に、2人の魔物キラー。
それを聞いた村人達の決断は……槍使いの追放、であった。


残り人数→4名


3.5日目:アウトロ

槍使いが何故か、何かをやり切った風情を感じさせる声を上げて村から去ったその後。
マネマネの気配は、見事村から消え去った!

少なからず犠牲こそ払ったもんの、この村の平穏は守られたという訳じゃ。
…さて、次の赴任先は一体どんな所じゃろうのう……?



*……この日誌には 続きがあるようだ。

*この先のページを 読んでみますか?



  → ReadMore
| 汝はマネマネなりや? | COM(0) | TB(0) |
2013-03-07 (Thu)
どうも、オネエでない方です。
…何を寝惚けていたのか、未完成のままこの記事が公開状態になっていたんですよねー;
昨日夜~今朝方にかけてお越しの方、半端な状態をお見せしてしまいすみませんorz


さて。昨日3月5日午後10時30分、予定していた通りに
汝はマネマネなりや? 第5回を開催いたしました!

大型アップデート日に被り思いっきり被る厳しい日程にもかかわらず、参加見学合わせて
14,5名の方にお越し頂く事が出来ました!

今回は時間経過の都合で1戦のみ、9人でのゲームになりましたよー。
後からいつものプレイログも書きますが…いやあ、良い意味で波乱が沢山でb
主催もほほう! となりつつ進行させて頂きました!
ゲーム結果は結果はエテーネ側勝利。エテーネ側さん、おめでとう!


とある一夜の光景。


ゲーム中の一場面…転職クエスト終わらせたての方が多いのか、サンタ出没中ですね(笑)
写真右、ローブ姿のエルフさんが追放されたときの一幕です。

ツイッターの方で要綱記事をリツイートして下さった皆さん、ありがとうございます!
そしてプレイ終了後、感想や戦略、次への意気込み等などを呟いて下さっている皆さんにも
この場を借りてお礼を。
本当、色々励みになっております!


お越し頂きありがとうございました!


参加・見学・ご協力頂けた皆さん、ありがとうございました!
今回フィールドに沢山の方がおられたみたいなので、記念撮影は場所を移してになりましたb


反省か…いや、二次会?


ゲーム終了後は、主催宅で恒例の反省会…というか、二次会というか(笑)
マネマネの反省会、その日の戦略や見学からの感想等もお聞きできて、主催にとっては
他ゲームとはまた違った意味で楽しみな時間になっておりますb

戦略話が終わった後は、迷宮挑戦組が現れたり温泉掃除組が現れたり……。
その辺りのお話は、機会がありましたらまたオネエの方からでも(笑)


さて、来週火曜日は…久々に謎の人、登場です。
○○アイに昇格は出来なさそうなんで(笑)今からごそごそ宝石集めておこう。


 

 
| 汝はマネマネなりや? | COM(0) | TB(0) |
2013-03-03 (Sun)
※ ルール詳細は、ブログトップに表示される企画告知スペースよりご覧下さい ※


どうも、オネエでない方です。
……今回の火曜日、思いっきり大型アップデートに被ってたんですよね。
記事に「アップデートは6日でベータが7日」とか書いて安心してたアホは誰だ! 私だ!

ここ何日かで色々考えたんですが…そして一旦月曜日開催を決めかけてはいたんですが。
うん、やっぱりいつも通りにやろう、という結論に達しました(笑)集まらなければその時さ!
という訳で…早いもので初の開催からもう5回目。
MMO人狼inドラクエ【汝はマネマネなりや?】を開催したく思います!

汝はマネマネなりや?
(ロゴ:710810/リャンさん作。ありがとうございます!)


エテーネの民達の間に紛れ込んだ、アストルティアにはいるはずの無い幻の魔物・マネマネ。
人の姿をした魔物を倒すには、村人が力を合わせてその存在を暴きだすより方法は無い。
小さな村を襲った悲劇、最後に勝つのはエテーネの民達か、それともマネマネか──?

ルール等は前回開催時と同じです。リンクル地方にお越しの際はリザードマンに気を付けて!
今回は日程がバージョンアップ日と丸被りの為、人数が集まらなかった場合の企画も一応
併せて用意してみました。詳しくはマネマネの要綱の後で!

今回のイベント要綱はこちら↓





日時:3月5日(火)22:15~参加受付、22:30~ゲーム開始
集合:サーバー37/リンクル地方・アルウェ王妃の別荘跡1F

バージョンアップまであと2日。
世界の変わったその日に、熱い推理戦はいかがしょうか。
エテーネの民とマネマネと…勝利を手にするのはさあ、どちら?

当企画は長時間に及ぶ可能性があります。
ルールは主催ブログ(プロフ参照)にて。
※現地で詳しいルール説明は行いませんので、ご了承の程を。

会場には「そうび欄・どうぐ欄に幾つか空きを作った状態」及び、
「きぬのローブ上下を着られる職業とレベル」でお越し下さいませ。

皆様の参加、お待ちしております。
ルール&マナーを守って楽しい推理劇を!

※ ゲーム開始には最低5名の参加が必要です。
※ 満たない場合の対応は主催ブログの該当記事にて。





そして以下、マネマネ開催に必要な人数が集まらなかった場合の代替企画ですb


汝はマネマネなりや? 代替企画
【温泉へ行こう!】


時間&集合:マネマネなりや? に準じます。
参加条件:レベル22以上である事。


22:30時点でマネマネ開催に必要な人数が集まらなかった場合は、こちらの企画が
発動します(笑)
やっと解放されるアズランの大浴場へ一緒に乗り込もう!

尚、主催はクエストの内容・要求される事等未知のまま臨む事になるかと思うので、
何があっても大丈夫! という心構えで(笑)
また、あくまでもマネマネ優先ですので、最初から温泉へ乗り込むのだけを目的に
していると、乗り込めずじまいになるかも知れません…(笑)

色々不確定な事が多い企画ですが、楽しんでいけたら幸いですb


 
| 汝はマネマネなりや? | COM(2) | TB(0) |
2013-03-02 (Sat)
※ カミハルムイ・キークエストネタバレ注意報 ※


どうも~、オネエです~。
駅弁の爺様に言われて、ジュレットをはじめ主だった都市の問題ごとを解決しては
キーエンブレムを集めとった頃がオネエにもあった訳やけども……。
爺様の言うてはった「6個」って条件を満たして、遠い遠い場所へ行けるようになってから
随分長い事、他の都市の困り事には手え貸してけえへんかったんよねえ。

せやけど、何や近々大きく世界が変わる予兆があるって話が流れてるやない?
その時までにちょっとでも、今アストルティアが抱えてる問題ごとを解決しとこうかなって
気になったんよ、オネエもv


で、まずは普段酒場やら木工ギルドやらでお世話になってるエルトナ大陸の王都、
カミハルムイの王城をふら~っと訪ねたん。

この国の困り事、それは忘れられた50年前の真実。
カミハルムイの統治者・ニコロイ王が調べている「かつてのカミハルムイで起きた悲劇」
の真相を知る為に、オネエも手え貸す事になったって訳。


夢幻の森や捨てられた城でニコロイ王が目にした幼い日の自分と、かつての家族の幻。
カミハルムイの王家に時々生まれる「白い子」。
白い姿で生まれたニコロイ王のお姉さん・リタ姫と、その乱心。
乱心した姫に害され、暗黒大樹の葉を探す様言い残した2人のお母さん・アグシュナ王妃…。

失った記憶を呼び覚ますその幻に導かれる形で、オネエはニコロイ王の要請を受けて
遥々呪われた大地まで足をのばしたんよね。


呪われた大地で。


呪われた大地…その名前の通りに、毒の沼やら不気味な木が行く手を阻む恐ろしい場所。
木の根っこを伝ったり、沼の間を抜けたり、大樹の番人を倒したりして、オネエは
どうにか王様が、幻の中の王妃様が求めてた暗黒大樹の葉を手に入れる事が出来たんよb

王様はすぐにでも捨てられた城へ向かいたいみたいやったけど…オネエが城の奥まで
足を踏み入れるんは、これが初めての事。
流石に1人ではちょっと不安やから、丁度同じようにカミハルムイの真実を追ってはった
娯楽島のダイス師こと魔法使いのミサーク兄さん、愉快で陽気なプクリポののりたまちゃんと
合流して、捨てられた城へ向かったんよね。


姫様の日記?


捨てられた城の中は、流れていった無常な歳月を見せ付けるみたいに酷い姿やったわ。
そしてその探索行の途中、あの白い姫様が付けたらしき日記を見付けたんよね。
所々読まれへんし、最後の方はボロボロになっててページをめくるどころやなかったけど、
兄さんが目を通したところによれば、姫様がお母さん…王妃様の体調をえらい心配してる
様子みたいやったって。

…体調を心配してるええ子が、実のお母さんを害するような暴挙をはたらくやろうか?
なんや妙な感じはしたけど、それが何なんかは全く分からへんかったわ……この時は。


ともあれ朽ちかけた王城の中を進んで、オネエ達はかつての玉座に辿り着いたん。
そこでニコロイ王が暗黒大樹の葉を捧げたら…なんとなんと。
命を失った筈の先代王妃でありニコロイ王のお母さん、アグシュナ王妃が幻の中で見たんと
全く同じ姿で蘇りはったんよ!

王妃様はニコロイ王との再会を喜んだ後、エルトナの聖地へ赴かなあかんと言わはった。
素直に頷くニコロイ王にオネエらも付いていく形で、聖地の扉がある王家の庭へと
向かったんよねえb

すっかり朽ちた城の中、聖地に繋がってるらしいこの泉の周りはやけに綺麗やった。
一応他種族の聖地に踏み込むからいう事で、オネエらもそれっぽうお祈りしておいて…。


いざ、聖地へ!


…けど、聖地に入ったオネエを待ち受けてたんは、悲劇の裏に隠された恐ろしい事実やった。
蘇ったはずのアグシュナ王妃の正体は、エルトナ大陸の壊滅を目論む怪蟲アラグネやいう事。
本物のアグシュナ王妃の死を機に王妃に成り代わり、聖地に入り込む機会を狙ってたいう事。
乱心したと思われてたリタ姫は、真実を伏せて1人でアラグネの封印に臨んだんやいう事…。

牙だらけの口から吐き出される言葉に…正直オネエの感情は波立ってた。
いかにもリタ姫1人が乱心して聖地の力を振るったんやと、周りの人間が誤解するように。
時が満ちたら、ニコロイ王を利用して封印から解き放たれるように動いて。
そして、その後は……。

……許せん。
幸せな家族の絆を引き千切った挙句、エルトナ大陸を絶望で埋めようやって?
そんなもん、許してたまるか!

長広舌をぶちまけるアラグネの前で、私は拳を握り締めてた。
そして心に決めた……この戦いで誰一人転がらせるもんか、と。
もっとも私に出来る事言うたら、ひたすら仲間達の傷を癒す事やったんやけどね。

本当に仲間を転がらせへんかったんは、アラグネの体から生えてくるトゲを恐れる事なく
小さい体で懐に体当たりをかましてトゲの発射を抑えてくれたのりたまちゃんや、
魔力を酷使して着実にアラグネの体を燃やしていったミサークの兄さん、
私が手一杯でおたおたしてる時に的確に癒しの力を使ってくれた旅芸人さんのお陰やわ。

そして。
途中瀕死の重傷を負ったり、いてつく波動に支援の力を吹き飛ばされたりしながらも、
私達は誰一人倒れる事なくアラグネにとどめを刺す事が出来たんよ!


アラグネは見慣れた紫色の雲になって消えていった。…けど、そんなんどうでも良うて。
封印の対象が滅んだからやろうか、私達の…ニコロイ王の前に、幼いリタ姫の姿が現れたん。

目の前にいるのを自分の弟と知らずに…そして流れた月日の長さも知らんまま…
きっと1人でも大丈夫やって「6歳の弟」に伝えて欲しい。
ニコロイ王にそう言うて、たった1人で何もかもを背負った白い姫君は消えてった。
長い年月を越えて、最後の最後まで、1人で残される弟の事を気遣って……。


戦い終わって。


王様が城へ帰って行った後も、私は暫くそこから動かれへんかった。
それはきっと、2人の絆と聖地の光景があまりにも、あまりにも綺麗やったから。
それに……だからこそ、目の下濡らしたままで帰る事なんて出来へんやない。
とある兄さんが使うてはったんを拝借して、皆には目にゴミ入った言うて誤魔化したけども。
でも…うん、誤魔化しきれるもんやなかったんやろうね。
のりたまちゃんの「笑って~」に、兄さんの「泣かないで」に、随分励まされたわv


カミハルムイに戻ったオネエらは、ニコロイ王から無事にキーエンブレムを貰えたん。
王城の庭で枝を広げる桜花の色によう似た、桜色のキーエンブレム。
オネエにとって7つ目になるこのエンブレムは、物凄く思い入れがあるもんになったわあ。

捨てられた城の真実が長らく知られてへんかったんは、きっととても悲しい事やろね。
でも真実を知らずとも姫様を信じ続けてたお人は居てるし、何よりこれから先はニコロイ王が
悲劇に隠されたまことの物語を伝えていけるはず。
そして例え体は同じ場所に眠ってへんでも、リタ姫はきっとご両親と会えたはず。


きっと、一緒になれたはず。


たった1人でも自分を信じてくれるお人がいるなら、体が無くなっても自分の事を覚えてて
くれるお人がいるなら……それだけで、過ぎ去った時間は幸せなもんになる。
朝焼けに映える柔らかい桜花の色は、そんな考えも優しく受け止めてくれるような気がしたわ。
…一緒に行ってくれたお2人さん、どうもありがとうねb


 
| オネエの旅日記 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。